「ウェルビーイングの話題から最新スマートフォン、PS5の独占記事まで:2019年に最も読まれた10本のストーリー」の写真・リンク付きの記事はこちら

『WIRED』日本版にとって「ウェルビーイング」というキーワードは、極めて重要な意味をもっている。3月発売の雑誌『WIRED』日本版VOL.32では「DIGITAL WELL-BEING(デジタル・ウェルビーイング)」を特集テーマに掲げ、以降も独自イヴェントや記事においてもウェルビーイングという切り口を重視してきた。

こうした取り組みが奏功してか、「身体的、精神的、社会的に良好な状態」を意味するウェルビーイングという言葉は、徐々に日本でも浸透しつつある。だが、この言葉を知らずとも、わたしたちは自然に心身の健康を強く意識するようになっている。そんな事実が、2019年に最も読まれた10本の記事から浮き彫りになってくる。

2019年に最も読まれた記事は、「夜型」の人が努力しても、決して「朝型」にはなれないという研究結果に関する記事だった。夜更かしが健康によくないのは理解しているが、なかなか朝型の生活には切り替えられない──そんな心理が透けて見える。

2番目に読まれた加熱式たばこ「アイコス」に関する記事や、「幼少期にポケモンにはまった人は、脳に『特化した領域』が出来ている」という記事、日焼け止めの影響に関する記事も、こうした傾向を反映していると言っていい。健康への影響が気になっているが、その“根拠”を知りたい、納得したいという人が、それだけ多いということなのだろう。

世界を驚かせた「プレイステーション 5」の独占記事

2019年は新しいデジタル技術やガジェットの話題にも、こと欠かない年だった。

アップル、グーグル、サムスンといった人気ブランドが、スマートフォンの新モデルを相次いで発売。なかでもカメラ部分のデザインが賛否両論となった「iPhone 11 Pro」や、人工知能(AI)によって驚きの画質を実現した「Google Pixel 4」のカメラ機能、そしてサムスンが世界を驚かせた折りたたみ式のスマートフォン「Galaxy Fold」などが話題となった。

こうしたなか3番目に読まれたのはアップルの「iPhone」に関する記事ではなく、サムスン「Galaxy S10」シリーズのレヴュー記事。これに「iPhone 11」のレヴューが続いた。日本での市場シェアはiPhoneが圧倒しているが、記事の人気度においてはサムスンに軍配が上がる結果となった。

また、次世代ゲーム機「プレイステーション 5」(PS5)に関する記事も話題になった。『WIRED』US版によるソニー・インタラクティブエンタテインメントの幹部への独占インタヴューで、この記事を通じてPS5が世に問う新しいゲーム体験のすべてが世界に発信された。世界中のメディアがこぞって『WIRED』の記事を後追いしたところからも、その注目度の高さがうかがえる。

このほか、いったいどんな話題に『WIRED』の読者は関心をもっていたのか? 2019年に「WIRED.jp」で公開された編集記事を中心に、最も読まれた10本を紹介しよう。