朝ドラ「スカーレット」終わりの「あさイチ」を見てビックリ。この日のプレミアムトークのゲストは草剛だった。久々に地上波テレビの草は、前よりも精悍なイメージだ。憑き物が落ちたというか、生き生きとしていて楽しそうなのはなにより。

番組では、ユーチューバ―デビューした草の撮影に密着したり、舞台稽古に潜入したり、今年行ったコンサートの様子を流したりと、大人の事情!?とやらでテレビに出られなかった草のここ数年間の活躍を、一気に見せてくれたかたちで、彼のファンはもちろんだが、ファン以外の人にもいいアピールになったのでは。

とくに大杉漣さんや高倉健さん、つかこうへいさんなど、お世話になった人の話は興味深かった。大杉さんはギターを、つかさんはお芝居の扉を開いてくれた恩人で、いつも芝居をする時は、「つかさんが頭のどこかにいて、(舞台で手を抜こうとすると)それをやったら終わるぞと自分を叱咤激励してくれる」と話す。健さんは、草が騒動を起こした時に、わざわざ手紙を書き事務所にまで持ってきてくれ、それを励みにし、後に映画「あなたへ」で共演したという。

1月(2020年)にはブレヒトの「アルトゥロ・ウイの興隆」に主演するそうだが、それについても、「ブレヒトさんのお芝居、台本読んでもさっぱりわからないんですけど、白井さん(演出家・白井晃)のいうとおりにやっていれば間違いないので」。自然体の草剛、最高!(放送2019年12月27日8時〜)

(白蘭)