「SNSから「いらない機能」と「いる機能」が明確になりつつある:『WIRED』が振り返る2019年(ソーシャルメディア編)」の写真・リンク付きの記事はこちら

いよいよ2020年がやってくる。『AKIRA/アキラ』や『ブレードランナー』で予想された壮大な世界を夢見ていたわたしたちは、なぜかそれとはほど遠い、スマートフォンの画面のなかに見える脆いつながり合いに一喜一憂するという偏狭な世界に生きている。

世界中の誰とでもつながり合い、共感を育み合える“ツール”として成長を遂げてきたSNS。現代が「ソーシャルメディア時代」と称されるように、いまや政治やビジネスなど社会のあらゆる問題は、SNSの要素なしに語ることはできなくなった。

フィルターバブルによる偏りやプライヴァシーの扱い、メンタルヘルスへの影響など問題点ばかりが取り沙汰されているが、地球の歴史から鑑みれば、SNSはまだまだ「生まれたて」の部類に入る。これから本当に必要な機能が見極められ、より洗練されていくはずなのだ(と、信じたい)。

とはいえ、それぞれのサーヴィス開始から数えてみれば、2020年にFacebookは16歳、Twitterは14歳、Instagramは10歳になる。人間だって10歳にもなれば、自分以外の誰かとの関係性を意識した、それなりに分別のある態度が身についてくる年ごろだろう。洗練された姿にはほど遠くとも、SNSにだってそろそろ「なくてもいい機能」や「向いてない使われ方」が見えてきてもいいはずだ。

SNSはすでに一国の大統領選の結果を左右したり、誰かを死に追いやったりしてしまう力をもってしまった。SNSを提供するソーシャルメディア企業の度重なるアップデートが、最適化と便利さを“トゥーマッチ”にしていくなかで、わたしたちは今後どのような取捨選択をしていくべきなのか。 

2019年に「WIRED.jp」でよく読まれた記事のランキングを振り返ってみると、そのような「選び取るべき機能」を見極めるための示唆に富むタイトルが上位にランクインしている。ここからSNSとともに“成長”していく、すべてのユーザーが知るべきヒントが見てとれるはずだ。