JavaScriptのデータレイヤで使われてきたReduxだが、不満を感じているユーザーが多いようだ。。State of JavaScriptがこのほど、JavaScriptに関する調査結果「The State of JavaScript 2019」を公開した。これには、JavaScriptユーザーがReduxに不満を抱いており、GraphQLとApolloに高い興味を持ってることが示されている。

Reduxは最も多く利用されているJavaScript向けのデータレイヤとなっているが、「今後もう使わない」または「これから学ぶつもりはないと考えている」ユーザーの割合が多い。実際に使っているユーザーはReduxに不満を感じていると見られる。さらに、時間とともに不満が増加する推移を見せており、今後徐々にシェアも減っていくことが予想される。

JavaScriptデータレイヤのユーザー意識 - 資料: The State of JavaScript

JavaScriptデータレイヤーの満足度 - 資料: The State of JavaScript

Reduxユーザーの意識推移 - 資料: The State of JavaScript

一方、GraphQLはこの1、2年で利用率が大きく増加している。さらに、今後この技術を学びたいと考えているユーザーが多く、さらに不満が少ない。データレイヤ技術としてGraphQLが急速に人気を集めている様子がうかがえる。

GraphoQLから1年ほど遅れる形になるが、ApolloもGraphQLと似たような動向を見せている。今後、JavaScript向けのデータレイヤ技術として、GraphQLとApolloが存在感を増し、Reduxと入れ替わっていく可能性が高いと見られる。

GraphQLユーザーの意識の推移 - 資料: The State of JavaScript

Apolloユーザーの意識の推移 - 資料: The State of JavaScript

The State of JavaScript 2019の調査に協力したユーザーは2万1717名で、世界中のJavaScriptユーザーが回答している。最も多いのは米国の4509名で、これに英国の1227名、フランスの1056名、ドイツの967名、カナダの757名が続いている。日本からは118名から回答があり、全体の0.6%ほどとされている。The State of JavaScriptの調査は2016年から実施されており、JavaScript関連の技術流行がどのように変化しているかが示されている。