「“光と闇”が交錯した銀幕の世界:2019年に最も読まれた5本のストーリー(映画編)」の写真・リンク付きの記事はこちら

2019年は世代を超えて親しまれてきた映画シリーズにピリオドが打たれることになった。そのひとつ、マーベル・シネマティック・ユニヴァース(MCU)のフェーズ3を締めくくった『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の関連記事が5位にランクインした。前作の『アベンジャーズ/エンドゲーム』後の世界を描いたこの作品について「アベンジャーズの核となるヒーローのストーリーに終止符を打つときが来たということだろう」と、『WIRED』US版はレヴューしている。

一方で、MCU初の女性ヒーロー単独主演作品である『キャプテン・マーベル』の関連記事は4位だった。フェーズ4のラインナップに目をやると、やはり女性ヒーローにスポットライトを当てた『ブラック・ウィドウ』(2020年5月1日に日米公開)や、初のアジア系ヒーローを主人公に据えた『シャン・チー&ザ・レジェンド・オブ・ザ・テン・リングス』(21年2月全米公開)など多様性を重視しているように見える。『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』がフェーズ3に幕を下ろしてろうそくの炎を吹き消すような役割をしているとすれば、『キャプテン・マーベル』はMCUの航路を照らす灯台のような存在なのかもしれない。

わたしたちの内側にも存在する「光と闇」

光と闇はこんなふうに時代の潮目を感じさせるときに印象深く立ち現れるが、もっと身近なところ──わたしたちの内側にも存在する。このことを痛感させる次の2作品の関連記事が、それぞれ3位と2位に入った。

クイーンのヴォーカルだったフレディ・マーキュリーの半生を描く『ボヘミアン・ラプソディ』は、まさに明暗のコントラストによって織りなされた作品だと言っていい。人種差別や宗教、ジェンダーや貧困の問題といった自身に付いてまわる“影”から逃れるように彼がつかんだ商業的な成功は、社会のメインストリームに受け入れられるという意味において、まさにまばゆい栄光だったに違いない。

また、ひとりの人間の善と悪に迫った『ジョーカー』に、心がざわついた観客は多いだろう。人は陰と陽を併せもつ。社会システムや身の回りの環境によっては自らの暗い部分が明るい部分を覆ってしまうことは誰にでもあると覚えさせるこの作品は、米国では上映に伴い陸軍や警察が警戒態勢を強化するなど社会問題に発展した。

善と悪といえば、ライトサイドとダークサイドの物語を壮大に綴ってきた『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』もMCUと同じようにシリーズ最終章に当たり、劇場公開がこのほど始まった。42年の系譜にピリオドを打つという重責を負ったこの作品を巡っては当然賛否はあるものの、あらゆる層の観客が求める要素が詰め込まれていて、最初から最後まで「スター・ウォーズらしい映画」に仕上がっていると、『WIRED』US版は合格点をつけており、関連記事はトップを飾った。

スター・ウォーズの歴史のうえではひとつの時代に幕が引かれたことになり、夜の帳が下りたような少し寂しい気分を味わっている人もいるかもしれない。でも、そこに輝くルーク・スカイウォーカーやレイといった“星影”に思いをはせながら、これからスター・ウォーズの物語がどこに向かうのか、2019年が暮れゆくとともに想像を膨らませるのも悪くない。