競馬歴は6年目の横山ルリカさんにとって、12月22日の有馬記念は、アーモンドアイと最後まで本命を迷ったリスグラシューが会心の勝利を収め、感動のフィナーレとなった様子。今回は、そのほかの2019年の競馬シーンを振り返りつつ、「ルリカ的競馬ニュース」について聞いた。


2019年の競馬について振り返った横山ルリカさん

 今年の競馬を漢字ひと文字で表現するなら、「外」だと思います。

 まずは、日本馬が海外のGIレースで8勝しました! これは、すごいことですよね。アーモンドアイが3月のドバイターフ(UAE)を制したことを皮切りに、4月にはウインブライトがクイーンエリザベス2世C(香港)を、8月には海外を転戦していたディアドラがナッソーS(イギリス)を勝ちました。

 10月は、メールドグラースとリスグラシューが2週続けてオーストラリアのGIを勝ちましたし、12月の香港国際競走では、香港マイルをアドマイヤマーズ、香港カップをウインブライト、香港ヴァーズをグローリーヴェイズと、4つのレースのうち3つを日本馬が勝ちました。ほかにも、日本に適鞍がなかった馬が、イギリスやアメリカなど、活発に海「外」に出ていく年だったと思います。

 そうなると、凱旋門賞だけどうしても勝てないのが際立ってきますよね。日本馬が一番突破したい、もっとも難しいレースになっていて、今年も3頭が挑戦して歯が立ちませんでした。「なんで勝てないのか」と考えてみたんですが……。

 日本競馬の発展に伴い、日本馬のレベルはどんどん上がっています。ですが、近年の日本特有の高速馬場で結果を残してきたG鞠呂砲靴海外への選択肢が与えられないため、フランス特有の重い馬場の中でレースをしてきた馬たちとは環境の差が大きく、凱旋門賞だけが鬼門になっているのかもしれないと思いました。「ジャパンカップで海外から参戦してきた外国馬が勝てなくなったのも、似たような理由なのかな」と、外国馬が初めて来なかった今年のジャパンCを見て感じました。

 次に騎手ですが、短期免許でランフランコ・デットーリ騎手、ライアン・ムーア騎手、クリストフ・スミヨン騎手、ウィリアム・ビュイック騎手、オイシン・マーフィー騎手、ダミアン・レーン騎手といった、すごい騎手のみなさんが日本に来てくれました。ワールドオールスタージョッキーズのために来日したミカエル・ミシェル騎手も競馬ファンをメロメロにする活躍でした。

 49歳のベテランであるデットーリ騎手は、私が競馬を始めてから初の来日でしたが、トラックマンの方々から「すごい騎手だよ」と聞いていて、和田竜二騎手も憧れの騎手だと話されていたので、とても楽しみにしていました。今回は短い滞在だったので、また日本でレースが見られることを期待しています。

 まだ20代半ばの、マーフィー騎手とレーン騎手もすばらしかったです。現地で観戦しているとマーフィー騎手がよく勝つので、迷ったときは「マーフィー騎手なら!」と本命にしていました。とくに根岸SとジャパンCでの勝利にはしびれました。

 レーン騎手は「令和の”レ”ーン」と話題になったこともあり、すぐに名前を覚えました。現地で見た宝塚記念は、リスグラシューでまさかの先行策に出て、今まででは考えられない位置でレースを進めてキセキに3馬身差の完勝。テン乗りにも関わらず、失敗したときの批判を恐れずに思い切った騎乗ができるすごさを感じました。リスグラシューはあそこから覚醒してさらに強くなり、そのあとのコックスプレート、有馬記念の大勝利へと繋がったのかなと思います。あの宝塚記念は、上半期で一番印象に残っています。

 外国人騎手が次々と来日したことで、日本人騎手も刺激を受けたはずですよね。若手の騎手もどんどん海外に出ています。海外での修行から帰国した22歳の坂井瑠星騎手も、重賞3勝と活躍しました。馬、騎手ともに、すごく”グローバル”な1年だったのではないでしょうか。

 2019年に注目を集めた騎手としては、藤田菜七子騎手も外せません。JRAの女性騎手として初めてJRA重賞レース初制覇を果たし、スウェーデンで開催されたウィメンズジョッキーワールドカップも優勝しました。

 菜七子騎手がデビューして間もなく、美浦トレセンで取材させていただいたんですが、私にとって初めての美浦だったので、とても思い出に残っています。直前に菜七子騎手が落馬をしてしまい、おでこにケガをされていたので「撮影は後日かな」と思っていたら、「前髪で隠すので大丈夫です。今日やりましょう」と言ってくださり、嬉しかったです。

 お話を聞いていても、節々に負けず嫌いの一面が見え、筑波大学では地道なトレーニングをしっかり積んできたそうです。現在の活躍は、あの負けん気と向上心があってこそなのかなと思っています。親目線のようですみません(笑)。これから女性騎手として、武豊騎手のようなレジェンドとして長く活躍されることを楽しみにしています。


サトノルーリーの出産前には安産祈願へ

 親目線といえば、私が名付けさせていただいたサトノルーリーに子供ができたんです!サトノクラウンとの子供になるんですが、それを聞いて、人間と同じように水天宮さんに安産祈願に行ってきました(笑)。祈願するときに母親の名前を書く欄があるのですが、そこに「サトノルーリー」と書き、住所は現在サトノルーリーがいるレイクヴィラファームの住所を書いたので、受付の方に「えっ?」っという顔をされてしまいました(笑)。

 サトノルーリーの現役時代の馬体重は400kgに届かないくらいでしたが、トレセンから離れて今は530kgにまで増えたそうです。競うのがストレスだったのかもしれませんね。予定日は1月11日と間もなくなので、不安と楽しみが半々で、そわそわしています。もう親を通り越して、孫の誕生を待つおばあちゃんの心境です(笑)。

 個人的なところでは、『やすらぎの刻』(テレビ朝日)というドラマに出演したんですが、共演させていただいた加賀まりこさんが、休憩中に私に向かって歩いてこられたので、「何か失礼をしてしまったのかな?」とドキドキしていたら、「あなた、『競馬予想TV!』の子よね?」と声をかけてくださったんです。

 毎週、ご夫婦で見ていただいているようで、「あの予想家の方がよく当たるわよね」などと話してくださり、嬉しくなりました。まさか『競馬予想TV!』をきっかけに加賀さんから声をかけていただけるなんて、本当に光栄でした。芸能界は競馬好きの方が多く、『アメトーーク!』(テレビ朝日)で「競馬大好き芸人」も今年で4回目でしたよね。より多くの人が、競馬に親しみを持ってくれるようになったんじゃないかと思います。

 CMの影響もあって、競馬場には家族連れも増えて、お客さんの層も少し変わったのかな、と感じます。私の大学の同級生も、とくに競馬好きではなかったんですけど、「会社の人たちがやっていて楽しそうだから、ルリカがイベントをやってるところを見に行くね」と、中山競馬場に来てくれました。それがきっかけとなって、いつの間にか友達も競馬にハマり、最近では、「1レースから12レースまでの予想したんだけど、この馬たちをどう思う?」と相談されたりもします(笑)。

 そんな彼女に、「どうしてもアーモンドアイの生の走りを見せたい」と思って、私も天皇賞・秋の日をお休みにしていただき、一緒に東京競馬場に行きました。レースは本当にすばらしく、彼女は馬券も当たったようで、「アイちゃん最高〜〜」と喜んでくれました。 2020年もさまざまな形で、いろいろな人と繋がりながら競馬を楽しみたいと思います。