「ここで試合ができるのは、非常に特別」と語った長崎で圧勝を飾った森保一監督。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[キリンチャレンジカップ]U-22日本9-0U-22ジャマイカ/12月28日/トランスコスモススタジアム長崎

 0−2というスコア以上に手も足も出ず惨敗した11月のコロンビア戦からひと月あまり。相手のコンディションや実力の違いがあったとはいえ、9−0で圧倒したジャマイカ戦は結果という面では完璧な試合だった。

 11月から引き続き招集されたのは、23人のうち、GK谷晃生、DF 中山雄太、岩田智輝、瀬古歩夢、MF長沼洋一、高宇洋、鈴木冬一、FW前田大然の8人。コロンビア戦に出場したのは、そのうち中山、岩田、前田の3人のみ。1か月前とはメンバーが大幅に変わっていた。

 では、対照的な結果となった2つの試合には、どんな違いがあったのだろうか。試合後の会見で、森保一監督は以下のように語っている。

「私は11月のコロンビア代表を戦った選手たちが今回のジャマイカ戦で出たとしても、同じような結果になったと思っています。まずは個々が100パーセント自分が持っているものを出すという部分は変わらなかった」

 コロンビア戦では100パーセントを出したうえでの完敗だった、ということだろう。この試合では「コロンビア戦の反省を踏まえて、チームとして足りなかった部分を今回のジャマイカ戦に活かしてくれた」と、改善点があったことを明かした。

 それは「お互いどうやったら連係・連動できるか」「意思統一して、イメージを合わせていけるか」という点だ。

「選手たちがまずはこの活動が始まってから2日間、2部練習をしたり、厳しいトレーニングのなかで積極的にトライをしてくれて、いい準備をしてくれたことが良かったと思います。メンバーは大幅に変わっていますが、お互いに意思疎通をしっかりしていて、一人ひとりが力を発揮し、お互いに良さを引き出すよう、ピッチ内外でコミュニケーションを取り、勝利のために準備しくれたことが良かった」

 またスタメンの選手だけではなく、「チームとして最善の準備をして戦う」「サブの選手たちが試合を活性化させるためにいい準備をする」という点においても、いい意味での変化があったという。

 小中高と過ごした長崎という所縁の地で、年内最後の活動を終えた森保一監督。年明けの1月8日からは、タイで開催されるU-23アジア選手権が待っている。

 開催国枠での出場を決まっているとはいえ、東京五輪への出場権が懸かった真剣勝負の場は貴重な機会となる。このジャマイカ戦の良い流れを、はたして持ち込めるか……。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【U-22日本代表PHOTO】日本9−0ジャマイカ |旗手怜央の2ゴールなど大量9得点! 年内最終戦を完勝で締めくくる!