中山雄太(ズヴォレ)の豪快なFK弾を皮切りに、旗手怜央(順天堂大)、前田大然(マリティモ)、安部裕葵(バルセロナ)、東俊希(サンフレッチェ広島)らが次々とゴールネットを揺らした、12月28日のU−22ジャマイカ代表戦。

 テンポよくパスをつないで両サイドを鮮やかに攻略し、9ゴールを奪って大勝を飾ったあと、試合に出る・出ないにかかわらず、みんなが晴れやかな表情で互いを労い、抱擁し、喜び合っていたのが印象的だった。


U−22ジャマイカ戦でキャプテンを務めた中山雄太(右)

 これだけ相手を圧倒すれば、チームに一体感が生まれるのも当然かもしれないが、理由はそれだけではなかった。

「自分の意見を出して、周りの意見も聞いて、充実した活動になりましたね」

 2シャドーの一角として先発した安部が振り返れば、U−22日本代表初選出ながら左ウイングバックとして先発した東も胸を張る。

「試合前や前日のミーティングで、前から守備に行ったり、情報を共有していたので、そのとおりにうまくいったのがうれしくて、ああなった(みんなで喜び合った)のかなって思います」

 12月24日から始まった今合宿では、連日にわたって選手だけのミーティングが行なわれ、意見交換とイメージの共有がなされた。その成果が、内容と結果にしっかりと表われたことが、チームの一体感を高めていたのだ。

 先制点でチームに勢いをもたらしたキャプテンの中山が、あらためてジャマイカ戦の価値について語る。

「今はチームとしての共通理解を深めている段階で、今日は本当に試合前から迷うことなく、同じベクトルで、強いベクトルで試合に臨めたし、結果にもつながったので収穫は多かった。試合前に共通意識を深めて準備することがチーム力になる。どんな選手が選考されても、こういう習慣が身についていけば、オリンピック世代の積み上げは大きくなっていくんじゃないかと思います」

 共通意識を深めた、選手ミーティング--。それを主導したのは、ほかでもない中山だった。

 きっかけは、0−2で敗れた11月17日のU−22コロンビア代表戦だった。

 堂安律(PSV)、久保建英(マジョルカ)、板倉滉(フローニンゲン)といったすでにA代表に選出されている選手たちも加わり、このチームにとって国内初の強化マッチだったにもかかわらず連係不足を露呈し、ほとんど見せ場を作れないまま、スコア以上の完敗を喫した。

 その試合のあと、中山は課題として「コミュニケーションの少なさ」について言及すると、さらにこんな決意を明かした。

「僕はA代表に呼んでもらったことがありますが、(A代表と五輪代表では)コミュニケーションの量と質に違いがある。(A代表では)相手に対して『ここがこう空くよね』っていう話もしますし、勝つことから逆算して、何が必要なのかを考えている。そこは差があるかなって感じました。そこに気づいたからにはやるしかない。キャプテンマークを巻かせてもらっているからには、言う責任がすごくあると思います」

 それから1カ月と少し、今回のキャンプで中山はその決意を実行に移したのだ。

 2シャドーの生かし方、ワイドの使い方、ビルドアップの仕方など、攻撃のイメージが深く共有されたこのジャマイカ戦で、しかし、選手たちが最も手応えを掴んでいたのが、前線からのプレッシングだった。

 最前線の前田やシャドーの安部が迫力を持ってボールを奪いに行くと、後ろの選手たちもついて行く。何度かハマらず剥がされることもあったが、ディフェンスラインが高い位置を取り、全体の陣形をコンパクトにしているから、2列目、3列目が次々と襲いかかったり、前田がプレスバックすることができた。

 3バックの中央でラインをコントロールした岡崎慎(FC東京)が説明する。

「昨日の選手ミーティングで(安部)裕葵とかが『前から行きたい』という話をしていて、自分もその意見に賛成した。3で同数になっても守らないといけないというか、正直ワイドが落ちて5バック的になるのは自分も嫌だった。

 ファーストディフェンダーさえハッキリしていれば、後ろもハマる。逆に言うと、後ろはそれでやるから、前はちゃんと行ってくれと(笑)。昨日の選手ミーティングや練習ですり合わせられた結果だと思う」

 一方の安部は、プレスがハマらなかった際の対応について言及する。

「小さいところに目を向ければ何十回も剥がされましたけど、ミーティングではどういう守備をするかよりも、うまくいかなかった時の対応の仕方をすごく話した。やっぱり試合中はうまくいかないことのほうが多いので、それがすごくよかったですね。守備のミスも攻撃のミスも何個もありましたけど、それを11人プラス、スタッフの指示でカバーできたのはすごくよかったです」

 2017年12月に東京五輪代表チームが立ち上げられて約2年。これまで一度もベストメンバーを組めていない。A代表の活動と重なっているうえに、欧州のクラブに所属する選手の数も増えたからだ。この先、オーバーエイジの招集を考えれば、ベストメンバーを揃えることはますます難しく、森保一監督も「オリンピック直前にならないと無理だと思う」と認めている。

 ましてや活動期間中にトレーニングを行なえる日数は2、3日しかなく、戦術を緻密に植えつける時間はない。だからこそ指揮官は、ベースとなるコンセプトや戦術を提示したうえで、選手たち自身でもコミュニケーションを深め、問題を解決していくことを求めてきた。

 それが、このジャマイカ戦でひとつの形になったのだ。あらためて中山が言う。

「僕は今回、『自分の思っていることを遠慮せずに言い合おう』っていうことを伝えました。そういう習慣をつけたかったんです。こうしておけばよかった、ああしておけばよかった、ということをできるだけない状態にしたかった」

 もっとも、まだ1試合でうまくいっただけに過ぎず、ジャマイカの実力に助けられた面もあった。再び中山の言葉に耳を傾ける。

「次の活動でこれをどう積み上げていくかが大事。僕のなかではまだ疑心というか、疑問というか、正しかったと言い切れない何かがある。試合を積み重ねていくことで、結果もついてくることで、自信が確信に変わるかもしれない」

 数少ないトレーニングのなかでエッセンスを掴み、その後のコミュニケーションでどこまで細部をすり合わせ、詰めていけるか--。1月8日にタイで開幕するU−23アジア選手権での焦点のひとつが、そこにある。