「“永遠に完成しない”サステナブルなスピーカー:FETISH #14」の写真・リンク付きの記事はこちら

TRNSPARENT SPEAKER
SMALL TRANSPARENT SPEAKER

グリーンコンシューマリズムやサーキュラーエコノミーが、「大量生産、大量消費」のオルタナティヴとして新しい消費のスタイルを生みだし始めている。ヨーロッパを中心に広がりつつある「Right to Repair」も、その流れを汲むアクティヴィティのひとつである。

そうしたムーヴメントを牽引する北欧らしいサステナブルなスピーカーが、「TRNSPARENT SPEAKER」だ。「透明なスピーカー」の名には、インテリアに溶け込むアルミフレームと強化ガラスパネルで構成された透明なデザイン、スタジオでレコーディングされたばかりのような透明な音質など、さまざまな意味の“透明さ”の意味が込められているという。

とはいえ、どれほどデザインや機能が優れていても、この手のプロダクトは1年もたてば技術が急速に進化し、陳腐化してしまうのが常だ。だがTRANSPARENT SPEAKERはさにあらず。内部構造は完全にモジュール式で、すべての部品を個別に交換やリペア、さらにはリサイクルまでできる。

例えば、ワイヤレス接続が当たり前となったいま、BluetoothやWi-Fiのヴァージョンアップはもちろん、スマートスピーカーよろしくAI機能のような先端技術さえも、ユーザーの手でいつでもアップグレードしていくことができるのだ。つまり、どこか一部が故障した、機能が古びたからといって、丸ごと買い直す必要がない。

これほどまでにサステナブルなスピーカーはあっただろうか。サウンドやデザインがいいスピーカーは数あれど、こんな先進的な哲学を兼ね備えたスピーカーは、TRNSPARENT SPEAKERだけだろう。

シリーズ:WIRED FETISH(9)キャンパーたちの優美なる“火遊び”のために(10)「香り」を手のひらでマネジメントする、クラシカルなIoTディフューザー(11)ミニマリストの心を揺さぶる、物語性と美しさが宿るカードケース(12)持ち運べる“研究室”でミクロの世界を観察せよ(13)“暗み”を生みだし、陰翳を愛でるライト(14)“永遠に完成しない”サステナブルなスピーカー

※シリーズ「WIRED FETISH」のバックナンバーはこちら。