ジャマイカ戦では2ゴール。鮮烈なパフォーマンスを見せた。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[キリンチャレンジカップ]U-22日本9-0U-22ジャマイカ/12月28日/トランスコスモススタジアム長崎

 ジャマイカ戦で特大のインパクトを残したのが旗手怜央だ。

 3−4−2−1システムのシャドーで先発出場すると、パスやドリブルなど状況に応じた的確なプレーで日本の攻撃をリードした。

 最初の見せ場は16分だった。松本泰志のクロスを右足ボレーで合わせてチームの2点目をゲット。さらに17分には、ピッチ中央でボールを受けると、巧みなターンで相手をかわしながら前を向き、前田大然のゴールの起点となる縦パスも供給する。
 
 さらに極めつけは19分。左ウイングバック東俊希からのグラウンダーのクロスを受け、鋭く左足を振り抜き追加点まで決めてみせたのだ。

「1点目も2点目も大然がニアに走って相手を引き付けてくれたので、そのおかげで自分がフリーになれた。ただ、ああいうシュートは外しがちだったんですけど、しっかり決められて良かったです。

 1点目はインパクトだけに集中してやっていました。2点目に関しては、ふかさないように、あとはコースをしっかり狙うというのを考えてやっていたので、そのとおりにいきました。ガッツポーズは自然と出ました。嬉しかったので」

 そう言って笑う旗手だが、その屈託のない表情にも決して満足感はない。なにせ、この世代のシャドーの競争は熾烈そのもの。A代表にも名を連ねる久保建英(マジョルカ)、堂安律(PSV)の他にも、三好康児(アントワープ)、食野亮太郎(ハーツ)など海外で活躍するタレントが多数揃う。

 それこそ、ジャマイカ戦でともにコンビを組んだ安部裕葵も世界屈指の名門バルセロナのBチームに在籍する実力者。また国内組も、岩崎悠人(札幌)や森島司(広島)ら技巧派ばかりだ。
 
 大学ナンバーワンアタッカーと言われる旗手であっても当落線上である。だからこそ、生き残りのために強い気持ちで臨んだジャマイカ戦で結果を残せたのは、なにより大きい。

「実質、合宿最初の感じでは、悠人がスタメンみたいな感じだったんですけど、それが自分のなかですごい悔しくて。ただ自分のやるべきことをしっかりやったからこその今日のスタメンだったんじゃないかなと思う。コツコツとやっていれば森保さんは見ているんじゃないかなと、今回の合宿で感じられた。またチームに帰ってしっかりやりたいです」
 
 さらにプロの舞台に活躍の場を移す来年を、良い形で迎える意味でも、ジャマイカ戦のパフォーマンスは意義あるものだった。「相手がどうであれ、こんなに人が入る舞台でやったことがなくてすごい緊張とかもあったんですけど、そのなかでしっかり決められたのは、すごい自信につながりました」という。

「現状で東京五輪には出られることは絶対にないと思っています。でも来年からフロンターレで日々練習できるというのは、自分の成長もものすごいものになる。それは今練習に参加させてもらっていても分かる。残り半年で、あそこでしっかり練習して、試合に出て結果を残せるようになれば、五輪も半年あれば間に合うかもしれない。来年本当にフロンターレで試合に絡んでいって、結果を残していきたい」

 危機感は並大抵のものではない。序列を覆すまで、旗手が浮かれることはない。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

【旗手&前田PHOTO】”突貫コンビ”が特大のインパクト!ふたりで3ゴールの大活躍!!