U-22日本代表の年内最終戦で2ゴールを挙げた旗手。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 U-22日本代表は12月28日、約7か月後に迫る東京五輪に向け、トランスコスモススタジアム長崎でU-22ジャマイカ代表と国際親善試合を行ない、9−0の完勝を収めた。
 
 立ち上がりからゲームの主導権を握る日本は、開始わずか5分にキャプテンの中山雄太が直接FKを決めて幸先良く先制して勢いに乗ると、16分に旗手怜央、17分に前田大然、19分にもショートカウンターから旗手がグラウンダーのシュートを決め、立て続けに追加点を挙げる。28分にも安部がPKを沈めて5点のリードで前半を折り返す。
 
 後半も4得点を重ね、圧倒的な力の差を見せつけた日本が2019年最終戦を9発快勝で締めくくった。
 
 前半だけで2得点を挙げたFW旗手は、試合後のフラッシュインタビューでゴールシーンについて次のように振り返った。
 
「2点とも(前田)大然がニアスペースに入ってくれたので、ファーサイドに自分が詰めるっていう意識でいたので、そこに1点目も2点目も良いボールが来たので、もう本当に決めるだけだったので良かったです」
 
 また現在、順天堂大に所属するストライカーは、最後に指導者やいままで関わった全ての人への感謝を口にした。
 
「指導者あっての自分だと思うし、日ごろから多くの人の支えがあって、サッカーできるって言うのも今回改めて感じたので、そういう人たちの分もしっかり頑張っていきたいなと思います」
 
 来年からは川崎フロンターレへ入団する旗手。東京五輪へ、登録メンバー18人を懸けたサバイバルは、来年からさらに激しさを増すが、この2019年最終戦での2ゴールでさらに波に乗って行けるか。今後の活躍にますます注目だ。
 
構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【U-22日本代表PHOTO】日本9−0ジャマイカ |旗手怜央の2ゴールなど大量9得点! 年内最終戦を完勝で締めくくる!