日本が前半途中で5ゴールを奪った。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 キリンチャレンジカップのU-22日本代表対U-22ジャマイカ代表が12月28日、トランスコスモススタジアム長崎において19時20分のキックオフで行なわれている。

 日本のスタメンは、1トップに前田大然、2シャドーに安部裕葵、旗手怜央、ボランチはは中山雄太、松本泰志のコンビを起用。両ウイングバックは右に長沼洋一、左に東俊希。3バックは右から岩田智輝、岡崎慎、瀬古歩夢、GKは山口瑠伊でスタートした。スタメンには前田、安部、中山、山口と4名の欧州組が起用された。

 試合は立ち上がりから前線からの積極的なプレスと、素早い攻守の切り替えで主導権を奪った日本が、開始6分にいきなり先制。敵陣ペナルティエリア手前でFKを得ると、これを中山が左足で豪快にネットに突き刺した。日本が1点をリードする。

 さらに日本は8分にも右サイドを崩し、岩田からのパスを受けた安部が右足を一閃。しかしこれは右ポストに嫌われ得点には至らない。

 だが16分、日本は松本からのクロスを旗手が右足のボレーで叩き込み2点目。ここから日本はゴールラッシュを見せる。わずか1分後、右サイドからのクロスを前田が右足で合わせてネットを揺らし、3点目をゲット。さらに19分には敵陣中央でボールを受けた旗手がペナルティエリア手前からミドルシュートを突き刺し、この日2点目。日本は早くも4-0とする。

 さらには25分過ぎに、ドリブルで仕掛けた安部がPKを獲得。これを安部自ら右足でねじ込み、5点目を奪った。

 日本が電光石火のゴールラッシュでジャマイカを圧倒している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部