2019年、Twitterで最も話題となったトレンドワード・TOP20

写真拡大 (全2枚)

Twitter利用実績を総ざらいしたイベント「#Twitterトレンド大賞 2019」が、26日の都内で行われ、年間におけるトレンド・TOP20が発表された。

この上位20個は、日本のTwitter内で、トレンドインした全てのワードをデータ・ドリブンで集計。通年でのツイート量などを総合的に組み合わせた独自のアルゴリズムで順位づけされたもの。

栄えある第1位となったのは、「平成最後の日」という結果。第2位「ラグビー」、第3位「イチロー」というスポーツの話題を抑えたランキングであった。

また、今回の発表会では、話題となったハッシュタグの発表もあり、アニメ部門では「#鬼滅の刃」、スポーツ部門「#rwc2019」、エンタメ部門「#FGO」、ビューティ部門「#プロテイン」、ニュース部門「#令和」、ブランドコミュニケーション部門「#ローソン」という結果も知らされていた。

▼ アニメ部門賞は『#鬼滅の刃』に決定

同アワードの途中には、Twitterで話題のアーティスト(ゆゆうた、ずま、TATSUYA、晋平太)ら4名による「Twitter即興トレンドLIVE」のステージも展開。。ゲストにより選ばれたトレンドワード「#ローソン」「#鬼滅の刃」「#プロテイン」「ジョーカー」の4単語を盛り込んだ楽曲『支離滅裂 2019』を即興披露。実力の高さをのぞかせた。

▼ 「Twitter即興トレンドLIVE」