TBS系列で1月1日の朝8:30から放送されるニューイヤー駅伝(「ニューイヤー駅伝inぐんま〜第64回全日本実業団対抗駅伝競走大会〜」(ニューイヤー駅伝2020))の番組内でIoTテクノロジーによるリアルタイム可視化が提供されることが取り組み各社(西日本電信電話/TBSテレビ/一般社団法人 日本実業団陸上競技連合/エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム/エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト)より発表された。

放送イメージ(NTT西日本資料より)

GPS機能を搭載した軽量約18gのカード型デバイスを選手のナンバーカードに装着することで番組内で出場37チームの順位をデータ放送画面でほぼリアルタイム表示させる。エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム開発のデバイスは、日本の衛星測位システム"みちびき"とPrivate Lora無線基地局搭載の車両を通じて走行中の選手の正確な位置情報を求めている。

また、ケイ・シー・シー社、NTT西日本、NTTスマートコネクト3社が協業で立ち上げている位置情報のリアルタイム表示サービス「いまどこ+(プラス)」の技術を活用し、大会関係社向けWebサイトやスマートフォンへの配信など多くの関係者がリアルタイムに位置情報を確認できる仕組みも提供。各社がそれぞれの役割を担い、スポーツのライブ観戦のイノベーションに挑む。

大会は、過去24回もの優勝実績を誇る横綱級の強豪で前回3連覇を達成している旭化成に対して、駅伝名門青山学院出身のランナーを布陣に初出場のGMOインターネットグループや東京五輪マラソン代表内定の服部勇馬さんが在籍するトヨタ自動車など、出場各実業団が挑む。