2019年の中央競馬もいよいよラストウイーク。最後を飾るビッグレースは、2歳GIのホープフルS(12月28日/中山・芝2000m)だ。

 今年でGIに昇格して3年目。過去2年は、いずれも1番人気が勝利を飾っている。それ以前も、1番人気が比較的安定した成績を残しているが、馬券圏内(3着以内)には伏兵が突っ込んでくることが多く、しばしば波乱も見られる。

 GI初年度の2017年も、1番人気のタイムフライヤーが勝ったものの、2着に4番人気のジャンダルム、3着に8番人気のステイフーリッシュが入って、3連単は5万2380円の好配当となった。また、重賞(GII)に昇格した2014年も、2番人気のシャイニングレイが勝利するも、2着に8番人気のコメート、3着に9番人気のブラックバゴが突っ込んできて、3連単では34万超えの高配当が飛び出している。

 さて、今年はGIII東京スポーツ杯2歳S(11月16日/東京・芝1800m)を圧勝したコントレイル(牡2歳)と、リステッド競走のオープン特別・アイビーS(10月19日/東京・芝1800m)を完勝したワーケア(牡2歳)が人気上位。「2強」の様相を呈している。

 しかし、他にもオープン、重賞を制した馬が4頭、前走で新馬、未勝利を勝ち上がってきた素質馬も何頭かいて、波乱が起こりそうなムードもある。実際、デイリー馬三郎の吉田順一記者は、人気の一角コントレイルに疑問の目を向ける。

「先週の中山の馬場は、内回りの3コーナー辺りから直線にかけて、内から3頭分ほどが思ったよりも傷んでいる印象を受けました。それもあってか、開催3週目までは時計が速かったのですが、先週は、有馬記念以外は全体的に時計がかかっていました。

 そうした馬場状態から、よくて現状維持ということを考えると、高速馬場で強さ見せてきたコントレイルにとっては、不安要素となります。母系からくる立ち気味のつなぎや、少し硬めのクッションは、時計の速い舞台でこそ、生かされる特長。通常の良馬場、もしくはそれ以上にタフな設定になると、2000mという距離克服さえ微妙で、折り合い面も踏まえて、前走以上のパフォーマンスが見られない可能性は、十分にあると踏んでいます」

 そう語る吉田記者が穴馬として挙げるのは、ヴェルトライゼンデ(牡2歳)。ワールドエースや菊花賞馬のワールドプレミアを兄に持つ血統馬で、前走ではリステッド競走のオープン特別・萩S(10月26日/京都・芝1800m)を快勝し、目下デビュー2連勝中だ。

「ヴェルトライゼンデはドリームジャーニー産駒ですが、同産駒やその弟のオルフェーヴル産駒は、コーナーリングが上手な馬が多い傾向にあります。そのため、ワンターンの舞台設定よりも、今回のようなコーナー4つのコースで良績を残しているイメージが強いです。

 また、掻き込みの利いたフットワークや、エンジンをかけつつ、段階を踏んでギアが上がる脚質からも、中山・芝2000mという条件はベストに近い設定と見ていいでしょう。1週前の調教に騎乗したオイシン・マーフィー騎手とのコンタクトもよく、仕上がりも抜かりなし。好位から早めに仕掛けていける点も大きな魅力です」

 一方、スポーツ報知の坂本達洋記者は、馬場の見立てからして吉田記者とは真逆で、こんな見解を示す。

「中山開催は先週から少し時計がかかり始めたようにも見えましたが、結局、リスグラシューが勝った有馬記念の勝ち時計は2分30秒5。近年では、ドリームジャーニーが勝った2009年(2分30秒0)に次ぐ速い時計でした。アエロリットによる超ハイペースの逃げがお膳立てした部分もあるでしょうが、馬場がよくなかったら、出ない時計だと思います。

 そうすると、今週もそれなりの馬場状態で、騎手が内側を変に空けることはないでしょう。そのうえで、ある程度流れるような展開になれば、好位からの切れ味勝負か、前で粘り込みをはかる馬が狙い目。後方一気では、厳しい馬場と考えています」

 そこで坂本記者は、パンサラッサ(牡2歳)を穴馬候補に挙げる。

「何が何でも逃げたいタイプこそいませんが、先行勢はそろっている印象を受けます。そのなかで、スタートセンスのいい、この馬を狙いたいです。雨の不良馬場だった2走前の未勝利戦(10月12日/京都・芝2000m)では、2着に2秒5差をつける大楽勝。切れるタイプとは言いませんが、力を要する馬場をこなせて、しぶとさが光る存在です。

 前走の1勝クラス(500万下)・エリカ賞(12月7日/阪神・芝2000m)では6着でしたが、決め手勝負の流れが向きませんでした。時計的には、同馬も2分1秒2で走っていますから悪くはありません。今回、レースが流れれば、それに対応しそうな感じはありますから、ハマった時の残り目に期待したいと思います」


「2強」の逆転候補となるオーソリティ

 坂本記者はもう1頭、オーソリティ(牡2歳)にも期待する。

「2戦2勝という戦績から、ある程度人気になってしまうかもしれませんが、人気上位2頭との逆転も考えたいのが、この馬です。スローだった前走のオープン特別・芙蓉S(9月22日/中山・芝2000m)は、好位3番手から切れ味を発揮して、スピードの高さを証明しました。

 コース経験があるのは強みになりますし、今回も前で運んで”2強”を完封するイメージが浮かんでいます。父オルフェーヴル、母父シンボリクリスエスという血統は、いかにも中山向き。スピードの持続力も秘めていそうですし、素質面からもイチ押ししたい1頭です」 今年最後のGI戦。年末年始を有意義に過ごすためのビッグボーナスをもたらしてくる馬が、ここに挙げた3頭の中にいるかもしれない。