寝たきりの母親を「遠距離介護」柴田理恵が尊重した「生きがい」

ざっくり言うと

  • 柴田理恵の母親は寝たきり状態だったが、今は地元で一人暮らしをしている
  • 懸命なリハビリの結果、当初は「要介護4」だったが「要介護1」まで回復
  • 柴田は母親の生きがいを尊重し、「遠距離介護」で互いに支え合っているそう

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x