12月28日、中山競馬場で2歳馬によるG汽曄璽廛侫襭咫兵2000m)が行なわれる。

 このレースは2017年からG気望些福昨年の勝ち馬サートゥルナーリアは今年のG技月賞(中山/芝2000m)を勝ち、G胸代の2016年の勝ち馬レイデオロも翌年の日本ダービー馬となったように、翌年の”クラシック戦線”を占う上でも必見のレースだ。

 2歳牡馬が出走可能なG汽譟璽垢蓮∈715日にG議日杯フューチュリティS(阪神/芝1600m)が行なわれ、ハーツクライ産駒のサリオスが強いレースを見せた。このホープフルSにも、来年のクラシック戦線で人気を集めるだろう馬が出走する。

 この筆頭がコントレイル(牡2歳/栗東・矢作芳人厩舎)だ。


前走の東京スポーツ杯2歳Sを制したコントレイル

 デビュー2連勝で制した、前走のG慧豕スポーツ杯2歳S(東京/芝1800m)の走りは驚異的だった。勝ちタイムは1分44秒5という、従来のレコードを1秒1も破る2歳日本レコード。2着のアルジャンナには5馬身差をつけた。

このレースは2017年ワグネリアン、2013年イスラボニータ、2011年ディープブリランテと、過去に3頭のクラシックホースが出ている出世レース。その24回の歴史の中で最大着差を記録したインパクトは大きく、「ディープインパクト産駒の最高傑作誕生か」という声も聞こえてきている。

 血統も極めて優秀だ。祖母フォルクローレは、米GBCジュヴェナイルフィリーズ(ダート8.5F)などG気鬘仮,靴拭∧藤穏侈毒魯船礇鵐團ン。ディープインパクト産駒で、母の父がアンブライドルズソングという配合は、2014年の朝日杯フューチュリティSの勝ち馬ダノンプラチナと同じ。さらに3代母の父ストームキャットは、ディープインパクトとの間にキズナ(日本ダービー)、ラヴズオンリーユー(オークス)など多くの活躍馬を出すニックス血脈だ。

 祖母フォルクローレはダート7ハロン(約1400m)の愛G汽瓮ぅ肇蹈鵤咾14馬身差で勝ったようなスピード馬なので、ややスピード寄りの血統とも言える。それでも、1800mであれだけのパフォーマンスを見せた馬が、2000mでまったくダメというということは考えにくく、今回も中心になるだろう。

 一方、ワーケア(牡2歳/美浦・手塚貴久厩舎)もすばらしいポテンシャルを感じさせる馬で、前走のアイビーS(L)(東京/芝1800m)までデビュー2連勝。重馬場で行なわれたそのレースで、直線では外に持ち出してゴール前では後続をグングン突き放し、2着クリスティに3馬身差をつけた。

 父は、前述のサリオスのほか、G汽献礇僖鵤断呂離好錙璽凜螢船磧璽鼻■猫詰馬記念、G汽灰奪スプレート、G喫塚記念を勝ったリスグラシューと、今年に産駒の活躍が目立ったハーツクライ。2017年の勝ち馬タイムフライヤーの父でもある。

 母チェリーコレクトはG競ぅ織螢▲ークス馬という良血で、母系にデインヒルとニジンスキーを持つのはサリオスと同じ。さらに、カーリアンとダンチヒを持つのは、同じ父の日本ダービー馬ワンアンドオンリーとも共通している。ハーツクライ産駒の勢いもあり、軽視できない存在だ。 以上、今年のホープフルSはコントレイルとワーケアの2頭に注目したい。