中国・北京の政府認可カトリック教会でクリスマスミサに参加した信者たち(2019年12月24日、写真:ロイター/アフロ)


(福島 香織:ジャーナリスト)

 中国にはもはやクリスマスを祝う自由はなくなったのか。中国のいくつかの都市では民衆にクリスマス祝賀イベントを行わないように要求する通達が出ていることが、複数のメディアによって確認されている。

 中国化が進む香港では、クリスマスイブの夜、デモ隊と警官隊が激しく衝突、催涙弾が撃ち込まれ、「暗黒のクリスマス」となった。中国各地でクリスマス前後のこの時期に起きている“異常”を報告する。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

香港史上もっとも「寒い」クリスマス

 クリスマス前の時期、例年の香港ならば大型ショッピングモールはクリスマスプレゼントを買いに来る市民や外国人でにぎわい、クリスマス用の飾りつけとイルミネーションで香港中が飾り立てられる。だが、今年は多くの若者が買い物のためではなく抗議のためにショッピングモールやラグジュアリーホテルに足を運んだ。これに対し、香港警察もショッピングモールの中や周辺でデモ隊を制圧。一部でデモ隊が雨傘などを投げて抵抗すると、警官側も容赦なく警棒を振るい、一時は銃を構えるそぶりを見せた。

 またペニンシュラホテルなど高級ホテルが立ち並ぶ尖沙咀では、およそ100人がネイザンロードで抗議集会を開き、ショッピングモールにあるスターバックスカフェの展示物を破壊したため、香港警察が催涙弾を発射し制圧した。香港のスターバックスチェーンを所有する美心食品の創業者の娘、アニー・ウーが秋に、女性団体「HKFW」の代表として国連人権委員会に出席し、「香港デモは少数の過激な抗議者が行った組織的計画的暴力行為」と発言して以来、スターバックスは勇武派抗議者たちの破壊活動の対象となっている。

 例年、クリスマスの時期の香港には、大勢の観光客が買い物とイルミネーションを楽しみに来るが、今年(2019年)のクリスマス時期は昨年よりも25%入境者が減った。クリスマスプレゼントの売り上げを示す小売業界の売り上げも、昨年より3〜7割減との予測が出ている。通常3万円以上のホテルが7000〜8000円に値下げしており、香港史上もっとも「寒い」クリスマスでもあった。

「クリスマスは中国の伝統的祝日ではない」

 一方、中国本土では「クリスマス禁止令」が各地で出ている。

 習近平政権になってから、共産党員が西洋の宗教や習慣による祝祭イベント「洋節」に参加することを禁止する通達が出されていたが、今年は、一部都市の一般市民にも拡大している。

 香港メディアによれば、湖南省、雲南省、貴州省などの地方都市で、共産党員および市民に対して、「人の真似をして西洋の祝祭を祝わないように」との通達が文書で出されたという。官僚たちは「クリスマスなど西側の祝祭を中国で祝うべきではない。民衆は中華文化とその歴史と伝統を反映した春節や中秋節などを重点的に祝うべきである」と述べ、一部地域では公開の場でクリスマス祝賀活動を行うことを禁止したという。

 湖南省衡陽市政府が12月18日に発布した通達の文書の写真が、香港メディアに掲載されていた。通達では、交通秩序と治安秩序を理由に、クリスマスイブとクリスマスの期間に“公道を占拠して祝い狂う”者は法に基づいて“強制排除”する、としている。「党幹部は中華文化伝統を掲げ、広めなければならず、自覚的に“西洋の祝日”を祝ってはならない。我が国の伝統的祝日の振興プロジェクトを実施し、伝統的祝日の文化的内容を豊富にし、党幹部のイメージを樹立せよ」といった条文もあった。

 また、雲南省昆明市の一部の不動産管理会社は、管理下にあるテナントの店舗にクリスマスセールを禁止させよ、とする通達を受けた。ネット上には、雲南乾達盛物業管理公司が派出所から受け取った通知の文面の写真が流れており、それによると「クリスマス期間は一切の祝賀イベントを禁止せよ。なぜならこの祝日は中国の伝統的祝日ではないからだ」とあった。

 香港メディアの香港電台が、こうした通達に対する庶民の反応を取材していた。ある女性は、「我々はクリスマスを祝うべきではない。それは中国人の祝日ではないからだ」「春節のほうがよっぽど重要である。春節のほうが長い休みであり、家族と団らんを楽しめる」と肯定的に話していた。一方、別の男性は「中国は多元的文化を持つべきで、クリスマスを排斥すべきではない」と批判的なコメントしていた。

 米国のラジオ・フリー・アジアによれば、広東、河南、山東、四川などキリスト教徒が多い地域では、去年よりも厳しくクリスマスのミサなどが制限され、特に中国の非公認教会である家庭教会の牧師などは厳しく監視されて、ミサの開きようがない状況だという。このため、一部の家庭教会はクリスマスイブの数日前に、小規模のグループに分かれて「前倒クリスマスミサ」を行った。牧師によれば、以前は1000人規模のクリスマスイブのミサを開くことができたという。

 河北省保定蓮池区は、クリスマスイブとクリスマス当日に交通規制を徹底強化するとの通達を出した。このため、市内の繁華路界隈の店舗、ショッピングモールは午後4時に営業を停止するよう要求された。

クリスマスは国辱の日と子供に教育

 教育機関に対するクリスマス禁止もこれまで以上に厳しくなった。一部大学でも数年前から、クリスマス行事禁止の通達が出ており、クリスマスパーティーをしている学生が処分される例があった。だが、今年は大学だけでなく、小中学校や幼稚園もクリスマス禁止通達の範囲に入っているという。

 貴州省黔西県の教育科技当局は12月23日に、卒節市第二実験高校および幼稚園、域内の学校は公営、民営にかかわらずクリスマス行事厳禁、との通達を出した。その学校の学生、生徒の天使のコスプレや、学生や保護者がクリスマスイベントに参加も禁止されたという。

 また、「八国聯合軍が中国を分割したときの状況」という文書が添付され、1860年12月24日に八カ国連合軍が北京に侵攻し、25日に円明園に火をつけられた恥辱の日こそクリスマスであるとして、「学校は教師と生徒にこの歴史を語り、愛国主義教育を強化し、24日から26日のクリスマスを挟む3日間の“国恥”を忘れさせてはならない」と要請した。

 河南省鄭州市城区の一部小学校や江蘇省漣水県の小学校にもそうした通達が出ていることを一部メディアが確認している。通達では、教育において、世間の風潮になびかず、西洋を崇めず、西洋の祝日を祝わず、クリスマスイブを祝わず、クリスマスを祝わないように教師や父母に協力を求め、子供たちに良好な行動をしっかり教えよ、と強調しているという。

 また北京の小中学校を含む一部の公的機関も、「クリスマスや類似の祝賀活動」の禁止通達を受け取っている。理由は、クリスマスは「帝国主義の和平演変(平和的手段によって社会主義体制を崩壊させること)であり文化侵略である」ため、だという。やはり八カ国連合軍の北京侵攻の歴史を例に、「クリスマスは“虐殺の日”であった」と英米の仇恨を煽る内容になっているという。

地方都市で厳しいクリスマス禁止令

 中国の宗教局は例年、クリスマスイブにキリスト教信者に向けた「クリスマスメール」を発信するが、「メリークリスマス」という言葉はなく、「カトリック、プロテスタントの友人たちよ、習近平精神を継続して深く学習し、習近平同志を核心とした党中央のもと緊密に団結し、宗教の中国化の方向を堅持しよう」という異様なメッセージだったと香港メディアが報じている。

 もちろん、大都市の公認教会ではクリスマスミサは禁じられていないし、ショッピングモールではクリスマスセールの飾りつけがされている。だが、ミサ参加の人数制限は例年になく厳しいという。

 こうしたクリスマス禁止令の背景は、習近平政権が2期目に入って「宗教の中国化」を強く打ち出し、各宗教に対して中国共産党の指導に従順な大衆誘導装置となることを求めていることがある。

 とくに地方都市では、かなり厳しく「クリスマス禁止令」の通達が出ている。これは、地方都市や農村の方が“隠れキリシタン”が多い、という事情も関係しているかもしれない。大都市のクリスマスはカップル向けのイベント化している部分も大きいが、地方都市や農村では、この時期に宗教行事としてのミサが多く行われてきた。地方や農村のほうが、社会矛盾や格差、差別などが大きく、人々が宗教に救いを求めがちな環境であるからだろう。私も北京駐在時代、非公認キリスト教のミサの取材をしようと思ったときは、クリスマスイブに河南省や河北省の農村を訪れたものだった。

 だから、2018年の「中共1号文件」(その年の最重要課題)では農村振興戦略を謳う中で、「法に基づいて、農村の違法宗教活動と国外の浸透活動に対する取り締まりを強化し、宗教を利用した農村公共事務への干渉を法に基づき制止し、農村の宗教施設や宗教偶像の乱造を継続して整理する」といった一文が盛り込まれていたのである。

こんな中国にバチカンが急接近

 ちなみに英国の宣教団体、オープンドアーズのリポートによれば、2018年1年間で迫害を受けたキリスト教徒は2000万人以上、2019年はこの数字が5000万人以上に増える見込みという。中国のキリスト教徒はカトリック、プロテスタント合わせ公認教会所属が4400万人、非公認を含むと1億人前後と推計されている。とすると信者の半数が何かしらの迫害を受けている、ということだ。

 2018年の1年間に、違法建築の建前などで撤去された公認教会(三自教会)の十字架は7000本、また多くの教会が取り潰しにあったり、教会の建物を政府に寄贈するよう強要されたりした例も報告されている。もちろん、こうした迫害はキリスト教だけではなく、イスラム教も仏教もターゲットになっている。

 こんな中国に、ローマカトリックの総本山バチカンは急接近している。11月26日のローマ教皇が日本からバチカンに帰国する機上で教皇は記者の質問に答える形で「私は北京を訪問したい。私は中国を愛している」「中国とバチカンは良好なコミュニケーションを維持し、関係改善が進展していることを嬉しく思う」と語っていた。

 今の中国では、サンタクロースですら、スパイ容疑や国家政権転覆扇動容疑で逮捕されかねないだろう。教皇猊下はそんな中国の現状をご存知の上で、福音をもたらせられるというのか。私はキリスト教徒ではないのだが、バチカンの今後の中国への対応が、世界のキリスト教信者を絶望させることのないようにと、神に願いたい。

筆者:福島 香織