コロンビア戦ではいいところなく敗れたU-22日本代表

福田正博 フットボール原論

 12月28日にU−22ジャマイカ代表と対戦するU−22日本代表は、11月のU−22コロンビア代表との国際親善試合では0−2で敗戦。東京五輪世代にとっては厳しい現実を突きつけられた試合だった。

 U−22コロンビア代表の強さが際立った結果もさることながら、内容でも課題が浮き彫りになった。選手たちは、このままでは東京五輪でのメダル獲得は難しいという危機感を覚えたのではないか。

 このコロンビア戦は、A代表でプレーする堂安律(PSV)と久保建英(マジョルカ)が五輪代表チームに融合したときに、どういう化学反応を起こすのかを楽しみにしていた。

 しかし、堂安と久保が共存できることはわかったものの、ほかの選手との連係に関して言えば、化学反応を起こせずに、ふたりとそれ以外の選手たちが、分離してしまったような印象だった。

 U−22代表の2019年の流れを振り返れば、6月にトゥーロン国際大会で日本史上初の準優勝。決勝戦でU−22ブラジル代表と1−1の引き分けながら、PK戦で4−5という惜敗。これは、コパ・アメリカに出場した主力を欠きながら、サブメンバーたちが躍動した結果だった。

 さらに10月のブラジル遠征では、トゥーロン国際大会で敗れたU−22ブラジル代表に3−2で勝利。相手のホームスタジアムで、1点ビハインドからの逆転勝ちは、来夏に向けて順調にチームが力をつけているように感じられた。

 そうしたなかで、堂安や久保が合流した試合が先日のコロンビア戦だったが、結果は厳しいものになった。東京五輪世代にとって直近の目標は来夏の本番であり、次の目標がW杯日本代表入りにあると考えれば、このタイミングでの敗戦が「良薬は口に苦し」となってくれると期待している。

 過去の五輪日本代表は国内組が圧倒的に多かったが、東京五輪世代では海外組が増え続けている。堂安と久保以外にも、板倉滉がフローニンゲン(オランダ)、中山雄太がズウォレ(オランダ)、菅原由勢がAZ(オランダ)、三好康児がアントワープ(ベルギー)、食野亮太郎がハーツ(スコットランド)、前田大然がマリティモ(ポルトガル)でプレーしているほか、バルセロナB(スペイン)の安部裕葵らもいる。

 彼らは所属クラブでいい経験を積んでいるとはいえ、まだまだ物足りなさもある。堂安と久保が加わったとしても、いまのままなら東京五輪でのメダル獲得は厳しいだろう。メダル獲得を本気で望むのならば、オーバーエイジ枠の活用を視野に入れる必要がある。

 また、コロンビア戦は3バックで臨んだが、世界と戦ううえで『高さ』は必要とはいえ、『高さ』だけで守備は安定しないことを痛感させられた。191cmの立田悠悟の高さは魅力的ではあるものの、現状ではやや苦しい。東京五輪世代ながら、昨年からA代表の主軸に定着している冨安健洋(ボローニャ)の力は不可欠だろう。冨安と板倉、そしてオーバーエイジの選手で組めば、安定感も生まれるはずだ。
 
 攻撃に関しては、1トップに大迫勇也(ブレーメン)の力が欲しいところだ。世界基準のDFを背負ってもボールをキープしてタメをつくれる日本人FWは、現時点でほかに見当たらない。彼のポストプレーがあれば、堂安と久保の個人技や判断力の速さ、コンビネーションが、さらに輝くのは間違いない。また、大迫のポストプレーがあることで、守備時にゴール前で跳ね返すだけではなく、クリアしたボールを拾って攻撃への切り替えがスムーズになる。
 
 チームをつくるときに重要なのが、センターラインがしっかりしていること。そのため、FWとCB、中盤にオーバーエイジを1枚置きたい。コロンビア戦はこのポジションの出来が違えば、もっといい形で攻撃をつくることができていたはずだ。この試合のボランチは中山と大学生の田中駿太(大体大、来季から札幌)がつとめたが、攻撃に移行するときに彼らのポジショニングが低すぎたり、最前線の選手が裏へ抜け出すだけだったりで、シフトチェンジがうまくいかなかった。

 こうした戦況判断に優れている柴崎岳(デポルティーボ・ラ・コルーニャ)をオーバーエイジで起用する手もあるのではないか。堂安や久保の怖さはゴールに近いエリアでボールを持ってこそ。低い位置からでも長短のパスを繰り出せる柴崎と、Jリーグで存在感を高め、ブラジル遠征でゴールを決めた田中碧(川崎)の組み合わせは、見てみたいところだ。

 中盤の攻撃的なポジションは、中村敬斗(トゥベンテ/オランダ)も含めて東京五輪世代の最もハイレベルな選手が揃っている。堂安、久保、三好、安倍、食野、前田、中村が、所属クラブでのリーグ戦終了までに、どれだけ成長するかで、東京五輪でのメダルの色が変わると言ってもいいほどだ。

 U−22日本代表は、U−22ジャマイカ代表との試合後、2020年1月に『U−22アジア選手権』に臨む。堂安や久保は招集外になったが、ほかの選手にとっては、18枠しかない東京五輪代表入りの選考レースと言ってもいい。

 選手たちにとって、ここからが正念場。ただ、そこを乗り越えた先には、『東京五輪経由、W杯カタール行き』が待っている。五輪代表からA代表へと続く階段を登る選手たちを、しっかりと見守っていきたい。