オリエントコーポレーション(オリコ)は24日、カレンダーシェアアプリ「TimerTree」を展開するTimeTree社との資本業務提携を発表した。

カレンダーにチャット機能を持たせるなど予定管理方法の共有を前提に設計されたユニークなカレンダーアプリ「TimeTree」。家族や恋人、サークルや仕事のチーム毎などコミュニーション機能が搭載された複数のカレンダーを使い分けながら多くのスケジュールを管理できる。

オリコは24日、国内で約1000万、世界で2000万以上のユーザーを誇るこのアプリを提供するTimeTree社との資本業務提携を発表した。提携はオリコが2018年に設立した「Orico Digital Fund」を通じて行われており、今後はカレンダーから得られる行動予定データを活用したサービス開発に取り組む。

TimeTree公式Webサイト