自殺した総務官僚に公務災害認定 うつ病、増税対応で長時間労働

ざっくり言うと

  • 2014年に自殺した総務官僚の男性に公務災害が認定されたと25日、分かった
  • 代理人によると、同省はうつ病を発症したことが男性の自殺の原因と認定
  • 男性は増税対応などに忙殺され、発症月の残業時間は135時間だったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x