楽天ウォレットは12月24日より、暗号資産の現物取引サービス「楽天ウォレット」のアプリを通じて、楽天グループのポイントプログラム「楽天スーパーポイント」を暗号資産へ交換できるサービスを開始すると発表した。

これにより、「楽天ウォレット」の口座を保有し、「楽天ポイント」を貯めているユーザーは、「楽天ポイント」を「楽天ウォレット」で取り扱う暗号資産のビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH)へ交換可能になる。

「楽天ウォレット」のアプリにログインした後、「ポイント交換」を選び、交換対象通貨を選択し、交換数量を入力すると、1ポイント1円相当として暗号資産に交換が行われ、スマートフォンアプリ上に取引履歴が反映される。

スマホアプリでの操作画面

交換が可能なのは、通常ポイントのみで、提携サービス会社から交換された通常ポイントは対象外。また、暗号資産から「楽天ポイント」への交換はできない。