Fossbytesは12月23日(米国時間)、「Beware! This Popular Chat App Is An Alleged Spy Tool For The UAE」が、人気の高いチャットアプリである「ToTok」がスパイツールだった可能性が高いと伝えた。ToTokは高速で安全なメッセージングアプリとして知られていたが、実際にはアラブ首長国連邦政府が監視するために用いていた可能性が高いという。

ToTokは2019年7月にリリースされ、アラブ首長国連邦のユーザーから高い人気を得ていた。このアプリはAndroidとiOSの合算で60万件以上のダウンロードが行われている。加えて、過去数週間で、米国でも人気のアプリになっていたようだ。

ToTokは正確な天気予報を提供するという口実でユーザーの位置情報をトラッキングしていたと指摘されている。さらに、このアプリはマイク、カメラ、カレンダー、電話データにアクセスすることもできたという。

ToTokの評価は高かったが、すでにGoogleがGoogle PlayからTotokを削除し、AppleもApp Storeから削除している。ToTokを使っている場合は、ただちにアンインストールすることが推奨される。

App Storeから削除済み

Google Playから削除済み