©テレビ朝日

写真拡大 (全2枚)

誰もが「絶対に倒産する」と断言した大赤字のメガネチェーンを買収した一人の若者が、絶体絶命のピンチを何度も乗り越えて世界進出するという実話を基にした勝地涼主演のドラマ『破天荒フェニックス』。

2020年1月3日(金)から3夜連続で放送される同作で、若き金髪社長・田村雄司(勝地涼)の相棒となる経理担当・奥田吉弘を演じる伊藤淳史が、金髪・柄シャツ・白スーツのホスト姿を披露する。

©テレビ朝日

期日までに返済できない、でも追加で融資を受けなければ会社が回らない…と、毎日お金のことで頭がいっぱいな奥田は、銀行の融資担当・山科(奥田洋平)と日々「返せ」「返せない」、「貸して」「貸せない」のせめぎ合いを繰り広げていく。

そして1月4日(土)放送の第2夜で伊藤は、なんともチャラいホスト姿に!今月分の返済を待ってほしいと言いつつ、さらに融資を求める奥田に、“いかに無茶なことを言っているのか”を山科が例え話で説明する…というシーンで登場するのが、この“ホスト伊藤”だ。

借金を踏み倒し、さらにお金を引っ張ろうとする“ホスト”に扮した伊藤と、“都合のいい女”に扮した山科とのやりとりに注目したい。