パロアルトネットワークスは12月20日、クラウドセキュリティ製品群「Prisma Cloud」の最新版を日本市場で展開開始すると発表した。「Prisma Cloud」には、CSPM、CWPP、DLP (情報漏洩防止) の機能が統合されている。

最新版の特徴は、今年買収したコンテナセキュリティ企業であるTwistlock社とサーバーレスセキュリティ企業であるPureSec社の製品の機能が統合されている点。

これにより、開発からデプロイまでのライフサイクル全体において、IaaSやPaaS、ネットワーク、ストレージ、ホスト、コンテナ、サーバーレスで実行されるアプリケーションを、Prisma Cloudですべて保護できる。

最新版では、ナビゲーションメニューが左側に折りたたまれて表示され、画面すべての領域を使用できるよう、管理画面も刷新されている。

加えて、「Compute」タブも追加された。「Compute」タブをクリックすると、TwistlockとPureSecの統合による機能が表示される。

「Prisma Cloud」の管理画面

「Compute」タブをクリックすると、TwistlockとPureSecの統合による機能が表示される