喜美子(戸田恵梨香)が作る食器陶器がますます売れ、喜美子だけが忙しくなっていく。そんなとき、お父ちゃん常治(北村一輝)が倒れた。大慌てで家に帰ってくる

喜美子。「お父ちゃん。大丈夫?」

常治「こんなもん、すぐ治るわ。あしたになったらぴんぴんじゃ」

しかし、常治の体調は回復せず、医者から余命宣告されてしまった。常治は母ちゃんのマツ(富田靖子)と二人で温泉旅行に行くことになった。

妹の百合子は泣くばかり

喜美子らはお父ちゃんの病状が良くないことを知っているが、何事もないように振るまおうと決めた。でも、末妹の百合子(福田麻由子)は悲しみをこらえきれず、家の外で隠れて泣くことが多くなった。

父親の心配で気持ちにゆとりのなくなってしまった喜美子と、陶芸家として伸び悩み、壁にぶちあたっている夫の十代田八郎(松下洸平)は、些細なことでケンカも多くなった。

そして、弱っていく父親を見かねた喜美子は、ある計画を思いつく。(NHK総合あさ8時)