インテルの“大黒柱”となっているFWロメル・ルカク

写真拡大

[12.21 セリエA第17節 インテル4-0ジェノア]

 セリエAは21日に第17節を行い、インテルはホームでジェノアと対戦。FWロメル・ルカクが2得点1アシストを挙げるなど、大量4得点を奪って4-0で快勝した。ユベントスと同勝ち点で並んだものの、直接対決で敗れているため、インテルは2位となっている。

 インテルは前半31分に先制点。ルカクが中盤でボールを奪い、いったんFWアントニオ・カンドレーバに渡す。そのままPA内に入り込むと、カンドレーバの浮き球パスを頭で合わせ、ゴール右に流し込んだ。その2分後、ルカクは左サイドからのスローインをPA左で収め、横に軽く落とす。走り込んだMFロベルト・ガリアルディーニが豪快に決め切り、2-0と点差を広げた。

 前半を2-0で折り返したインテルは後半19分にPKを獲得。するとルカクはキッカーをFWセバスティアーノ・エスポージトに譲る。この試合初先発の17歳は冷静にゴール左隅に蹴り込み、自身初ゴールを挙げた。

 インテルは後半26分、カンドレーバからパスを受けたルカクがPAライン付近で細かいフェイントから左足を振り抜き、ダメ押しの4点目。負傷していた中盤の要MFステファーノ・センシも復帰を果たしたインテルがそのままジェノアを無失点で抑え、4-0で快勝した。