エアガンを撃つなどのいじめ行為 PTSDの発症認め約377万円の賠償命令

ざっくり言うと

  • 中学時代に同級生からいじめを受けたとして、20歳の原告が訴訟を起こした
  • 原告は同級生2人にエアガンで撃たれ、PTSDを発症したと主張
  • 佐賀地裁は20日、原告の主張を認め、同級生2人に計約377万円の賠償を命じた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x