アイドルユニット「アイドリング!!!」の結成メンバーで(2015年10月卒業)、現在は『めざましテレビ』(フジテレビ系)のリポーターや『競馬予想TV!』(CS・フジテレビONE)のアシスタント(2014年9月〜)をはじめ、『競馬血統研究所』(同前、2015年7月〜)、フジテレビ系列の競馬中継、『サンスポZBAT!競馬』のイメージキャラクターを務めるなど、競馬方面にも活躍の場を広げる横山ルリカさん。

 今年で競馬歴は6年となり、すっかり”競馬の顔”となったが、初心を忘れずフレッシュな気持ちで競馬と向き合っている。今回は「令和最初の有馬記念」について話を聞いた。


令和最初の有馬記念について語った横山ルリカさん

 今年の有馬記念はGI馬だけで11頭が揃いました。正直、どの馬が勝つか、まったくわかりません。すごく難しいので、サイン馬券とかも考えてしまいます(笑)。

 上半期にも話していたことなんですが、「令和」の元号にちなんで注目しているのが「(ダミアン・)『レ』ーン」騎手。騎乗するリスグラシュー(牝5歳)を管理する、矢作芳人調教師の娘さんも、お名前が「麗」さんなので、「これはちょっと来たな」と思いませんか? 

 ベタなところでは、「レイ」デオロ(牡5歳)と「ワ」ールドプレミア(牡3歳)の令和馬券も。ワールドプレミアは、有馬記念と相性がいい3歳の菊花賞馬ですし、武豊騎手が騎乗するというのもプラス材料ですね。もっと単純に、令和元年なので「1枠1番」でもいいかな、とも考えてしまいます(笑)。

 超豪華メンバーのなかでも、私としてはやっぱり、アーモンドアイ(牝4歳)とリスグラシューの戦いが楽しみです。外国人騎手短期免許を使い切ったレーン騎手が、特例で有馬記念に騎乗できることが決まったことはすばらしいですよね。おそらくJRAにかけ合ってくださったのだろう矢作調教師や、関係者のみなさんにお礼が言いたいです。

「ならば、どっちが……」となると悩みます。アーモンドアイは香港遠征を回避しましたが、有馬記念への出走を決めたということは、状態は悪くないんだと思います。今までも、馬場、距離、コース、相手関係など、「不安がある」と言われたレースで、強い牡馬相手に勝ってきました。「有馬記念はディープ(インパクト)でも負けた舞台」とも言われますが、この馬に関しては関係ないかなと思っています。

 アーモンドアイに”いちばん合う騎手”だと思っている、クリストフ・ルメール騎手が騎乗するのも大きいですね。12月10日にルメール騎手の騎乗が発表されましたが、鞍上が定まっていなかったときは「ルメール騎手じゃなかったら、どうなるんだろう」と心配していました。


予想が難しい有馬記念で横山さんが穴馬に挙げたのは......

 気になるのは「ほかの馬に騎乗する騎手が、どんなプランで乗ってくるか」ということです。アーモンドアイに先行されると、後方の馬は簡単には追いつけません。でも、アエロリット(牝5歳)、キセキ(牡5歳)、クロコスミア(牝6歳)と”逃げ馬”も多いですから、ペースが速くなりそうなので判断が難しそうですね。”前に行ったもの勝ち”というレースも多くなっているので、先行した馬が残る展開も十分にあると思います。

 一方のリスグラシューは、レーン騎手が初騎乗した宝塚記念からG汽譟璽垢鬘河⊂,靴泙靴拭オイシン・マーフィー騎手とのコンビでジャパンCを勝ったスワーヴリチャード(牡5歳)のように、それまでも十分に強かったリスグラシューが、レーン騎手との相乗効果で強くなったんじゃないかと思うんです。

 レーン騎手は、サートゥルナーリア(牡3歳)に騎乗したダービーで、1番人気に支持されながら4着と悔しい結果に終わりました。大きなプレッシャーがあったことが想像できますが、今回はアーモンドアイがいるおかげで気持ちに余裕が生まれると思います。万全の状態で有馬記念に臨むことができたら、このコンビが今までにないパフォーマンスを発揮するのでは……と楽しみにしています。

 穴馬として挙げるなら、池添謙一騎手が騎乗するフィエールマン(牡4歳)でしょうか。凱旋門賞では競馬をさせてもらえずに12着でしたが、キャリアは浅いですし、まだ底を見せていません。今回は”グランプリ男”の池添騎手が乗りますし、昨年のブラストワンピースのような逆転もありそうです。

 その有馬記念で感じたのは、池添騎手は自信があるときがわかりやすいこと。枠順抽選会でインタビューさせていただいたときに、池添騎手が「どの馬を買うんですか?」と逆に質問をしてくれたんです。昨年の有馬記念は、大好きだったサトノダイヤモンドの引退レースだったので、どんなにほかの馬のいい話を聞いても”初志貫徹”でサトノダイヤモンド1本と決めていたので、そう伝えました。

 すると池添騎手は、「ああ、そうですか……。ごめんなさい、僕がたぶん勝っちゃうと思います」とおっしゃったんです。その言葉から確固たる自信を感じて、私も「サトノダイヤモンド以外なら、ブラストワンピースが来るかも」と思ったのですが、そのとおりになりました。今年は、フィエールマンに騎乗するのを楽しみにしているようです。あとは、また会見でお話しいただきたいです(笑)。

 それから、レース展開のカギを握るキセキの粘り強さも注目です。今年はまだ、朝日杯FSでしか日本のGIレースでムーア騎手が活躍した姿を見てないので、有馬記念で期待しています。また、スワーヴリチャードは前走のジャパンCが”大激走”だった分、「有馬記念ではどうかな」とも思ったんですが、1週前の追い切りを見たら、まだまだ上に行けそうな雰囲気でした。マーフィー騎手とのコンビで覚醒ゾーンに入ったのかもしれません。

 コンビという点では、サートゥルナーリアとクリストフ・スミヨン騎手にも注目です。初めてのコンビ結成となった前走の天皇賞・秋は、アーモンドアイに歯が立たず6着。でも、中山競馬場ではホープフルSと皐月賞での「GI2勝」という実績があるので、「実は有馬記念が狙いだったのかな」と勘繰ってしまいます。

 ここまで挙げた以外にも注目すべき馬がたくさんいますし、リスグラシューも含めて、有馬記念で引退する予定の馬も何頭かいます。その馬たちへの思い入れも加味すると、本当にどう買ったらいいのか、お手上げ状態です。 有馬記念がある日、私は阪神競馬場でお仕事です。モニター越しで見ることになりますが、みなさんと一緒にレースを楽しみたいと思っています。