E-1選手権の表彰式。悔しさを押し殺して韓国代表の表彰を見つめる日本の選手たち。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 象徴的だったのが、ナ・サンホと日本代表選手たちとの明暗である。

 同じJリーガーでも日本代表の大半は所属チームのレギュラーとして活躍してきた。一方FC東京に所属するナ・サンホは、リーグ戦でのスタメン出場は5試合に止まっている。アグレッシブで広範に動くので試合後半の活性剤として起用されてきたが、同じポジションだった久保建英と比べてしまえば状況判断やプレーの質の違いが明白だった。

 だが日本戦にフル出場したナ・サンホは、長所が前面に出て再三局地戦で粘り攻撃に貢献した。後半開始早々には、カウンターからゴール前にフリーで飛び出し、キム・ジンスのパスを受けて決定機に関わった。やはり質の部分には問題を残し、絶好機にトラップが流れシュートも枠を逸れてしまったが、監督側の視点に立てば概ね弱点を薄め特徴を発揮させることには成功している。少なくとも、FC東京でのナ・サンホより評価は高まったはずだ。

 一方日本側を見渡せば、ほぼ全員がリーグ戦でのパフォーマンスを下回った。例えば中国戦のピッチ上で最も輝いた森島司は、まったく別の顔を見せてしまった。スキルに特徴のある選手がフリーでミスし、タッチライン際に相手を追い込みながら縦へのフィードを許す軽い対応をしている。井手口陽介は、背中から寄せの殺気を感じただけで、慌ててダイレクトパスを選択し大きく外に蹴り出した。要するに日本の選手たちは、韓国戦への戦術面、心理面での準備が不十分だった。

 もちろん選手たちも、韓国戦が前2試合とは別次元の攻防になる覚悟を持っていたはずだ。しかし序盤で歯車が狂い、完全に主導権を明け渡した。それはやはりスタメンを選択した指揮官のメッセージが多分に影響していたに違いない。森保一監督は、田中碧を除き中国戦と同じスタメンを送り込んだ。もし橋本拳人が故障をしなければ、完全に中国戦をなぞった可能性もある。つまり今回の招集メンバーの中では、これが同監督の描く一軍で、攻撃面で最も創造的な大島僚太も、JリーグMVPの仲川輝人もベンチに座らせて試合開始の笛を聞いた。
 
 その結果、韓国は10分過ぎには全員が日本陣内に入り込み、球際を制してセカンドボールを拾い断続的に攻撃を仕掛けるようになった。日本は2度ポストに救われたが、3度目にはネットを揺すられた。発端は自陣右サイドで橋岡大樹がパスコースを限定されたが鈴木武蔵への繋ぎが緩く、鈴木も簡単にインターセプトを許したことだった。橋岡や鈴木に限らず、日本のJリーガーも前を向いてボールを繋げば特徴を引き出せるが、全ては後手に回り不得意なプレーを強いられた。かつてイビツァ・オシムは言った。
「ロナウジーニョも守備に回せばロナウジーニョではなくなる」

 要するに日本は、完全に韓国陣営の術中にはまった。そこには大島や仲川をベンチに置く「まずは受けて堅守」のメッセージが少なからず影響していたはずである。

 それでも完全に主導権を握られた前半を1失点で切り抜けられたのは幸運だった。この時点でもはや後半切るべき3枚のカードは、誰が見ても大島、仲川と、香港戦で再三サイドを制した相馬勇紀だったが、大島は30分弱、仲川に与えられたのはわずかに13分間である。3バック前提の招集で仲川の活かし方を見つけられなかったわけだが、孤立した1トップで起点にするのも一考の余地があったかもしれない。

 結局E-1制覇と五輪のテスト、どちらから見ても中途半端だった印象は否めない。森保監督は「五輪金」と「ワールドカップでベスト8」の2つの目標を掲げているわけだが、前者は目標の方が日本のレベルまで落ちて来てくれる可能性もある。しかし後者には一切の妥協が許されない。時には好人物の殻を破り、個々の質と伸びしろを冷徹に吟味する才覚が必要になるはずである。

文●加部 究(スポーツライター)