悪性リンパ腫であることを公表した笠井信輔アナ(フリー)はけさ19日(2019年12月)、キャスターを担当していた古巣のフジテレビ系朝のワイドショー「とくダネ!」で生報告した。

番組冒頭に登場した笠井は、「めちゃめちゃ働いて、これから結構いい感じでいけるぞという時にガーンと来ましたからね。焦りましたわ〜」と話し始めた。病名は「びまん性大細胞型B細胞リンパ腫」で、90種類のある悪性リンパ腫の一つ。「がんが全身に散らばっているらしいんで、今はいろんなところが痛い。鎮痛剤で抑えていいます」という状態で、今後さらに子細に調べ、治療法を確定する。

「医師からは、(進行度合いは)中程度のスピードで、アグレッシブなタイプと診断され、『ちょっと強い抗がん剤治療が必要』と言われました。一般的な生存率は6割だが、若いので生存率は7割ぐらい、『頑張っていきましょう』と言われています」

「ワイドショーのアナウンサーとして病名・病状を隠すことは許されない」

昨年暮れに膀胱がんの手術を受けた司会の小倉智昭は「病名を指摘された時どう感じた?」

笠井「なんで俺が? そればっかりでしたね。青天の霹靂を超える衝撃がありました」

病名、病状を公表したことについては、「ワイドショーのアナウンサーとして32年間生きてきて、病魔と闘う有名人のプライバシーも紹介してきました。巡り巡って自分がそうなって、『そっとしておいてください』なんて言うのは、まったくもってお門違い。みなさんにいろんなものを見てもらう必要がある。自分の義務です」と覚悟を述べた。

年明けから4か月入院治療「足し算の人生に」

小倉「悪性リンパ腫や白血病というと、昔は不治の病だったけど、最近は、通常のがんよりも抗がん剤が効いて治る人が多いんですよね。ただ、大きな病気というイメージがあるから、復活した時は一段上のランクに行けますよ。そう考えた方がいい」

笠井「治療を通じて知り合いになった人など、これから足し算の縁にスイッチを切り替え生きていこう、闘っていこうと思います」

年明けからか、最低4か月の入院が必要という。笠井は痩せ細り、頭髪が抜け落ちるのを心配したらしいが、医師からは「毛が抜け落ちことなんて全く問題ない。大事なのは命」と言われたという。