TBSの山口敬之元記者(53)から性的暴行を受けたとしてジャーナリストの伊藤詩織さん(30)が損賠賠償を求めていた裁判で、東京地裁はきのう18日(2019年12月)、山口元記者に330万円の支払いを命じる判決を出した。伊藤さんは「一つのピリオドはつけられた。ただ、これで傷が癒えるわけではない」と語った。

山口元記者は「私は法に触れる行為はしていない。全く納得できない」として、控訴する方針だ。

酒に酔った状態でホテルに連れていかれ性行為強要

訴状などによると、伊藤さんは2015年にTBSワシントン支局長だった山口元記者に就職の相談し、食事に行った後、酒に酔った状態でホテルに連れていかれ、性行為を強いられた。伊藤さんの告訴に基づき、山口元記者は書類送検されたが、嫌疑不十分で不起訴となった。検察審査会も「不起訴処分は妥当」と判断した。

きのうの判決では、山口元記者の供述は「核心部分について、不合理に変遷していて信用性には重大な疑念がある」とし、伊藤さんの訴えを認めた。

菊地幸夫(弁護士)は「刑事事件では、確信がなければ有罪とはいえないが、民事裁判では十中八九の証拠でも、勝訴判決が得られる場合もあります」と説明する。

ワシントン・ポスト「男性優位で保守的な国家体制が明らかに」

今回の判決を、イギリスの公共放送BBCは「伊藤さんは性犯罪がほとんど報道されない日本において、『#Me Too』運動のシンボルになっている」と伝え、アメリカのワシントン・ポスト紙も「今回の裁判を通じて、性犯罪に関する時代遅れの法律、男性優位で保守的な国家体制、性被害を主張する女性への障害が明らかになった」と報じた。

モーリー・ロバートソン(ジャーナリスト)「海外での報道に比べると、日本では、当初から伊藤さんの言い分が消極的に報道されていると感じました。性暴力とどう向き合っていくかを、みんなでもっと活発に話し合うことが大事です」

司会の加藤浩次「男女の格差ランキングでも、日本はかなり下でした」

近藤春菜キャスター「性被害に対して、女性がもっと外に言えて、ちゃんと裁かれる世の中になってほしいです」