プロ入り1、2年目の時も森保一監督のもとでプレーしていた森島司。韓国戦は先発フル出場を果たす。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 E-1選手権は、12月18日に日本代表と韓国代表の一戦が、釜山アシアドメインスタジアムで行なわれ、0−1で日本が敗れた。

 この試合にシャドーの位置で先発フル出場を果たしたのは、1戦目の中国戦で先発に抜擢され、上田綺世や遠藤渓太らと好連係を築いた”森保チルドレン”の森島司。この試合でもその3選手揃って先発したものの、中国戦で見せたような連係・連動するプレーは見せられなかった。

「スピード感に慣れるのに時間がかかったかなと思います」と森島が試合を振り返るように、前半立ち上がりから押し込まれた日本は28分、ファン・インボムに強烈な一発を叩き込まれ、失点を喫してしまう。

「自分のところに入ったらいくというのを繰り返して、出されたら戻るというのをやっていたんですけど、ロングボールが多かったので、それでラインを下げられたのはあるかなと思います」と失点の場面を振り返った。
 
「前半は個人的にはミスが多くて、タッチ数が多くなかったので、失点もしましたし、良くないなと思っていましたけど、後半は0−1ということもあって、押し込める状況が多くて、ギャップで受けることも多かったし、そこで修正はできるようになったかなと思います」

 その言葉通り、森島は後半には積極的にプレーに関わり、88分には強烈なミドルシュートを放った。だが、チームとしては決定機らしい決定機は作り出せず0−1のスコアのまま試合終了を迎えた。

「もうちょっとできることがあったんじゃないかなと思います」と語った森島。東京五輪出場に向け、所属する広島でさらなる飛躍を誓う。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

【代表PHOTO】韓国 1−0日本 |後半に息を吹き返すし攻め立てるも惜敗、男女アベック優勝ならず…