いよいよ年末の大一番、GI有馬記念(中山・芝2500m)が12月22日に行なわれる。

「グランプリ」の名にふさわしく、11頭ものGIウイナーが出走予定。なかでも、「現役最強馬」アーモンドアイ(牝4歳)が急きょ出走を決めたことで、一段と盛り上がりを見せている。

 そのアーモンドアイだが、当初予定していた香港遠征を熱発で回避した。はたして、状態は万全と言えるのだろうか。日刊スポーツの松田直樹記者はこう語る。

「アーモンドアイは熱発によって、香港遠征を断念しましたが、症状自体は微熱と軽いもの。空輸前日に少し体調を崩して、いわゆる”大事をとった”だけですから、その後の調整に大きな影響を及ぼすことはありません。

 香港遠征を回避した直後、同馬を管理する国枝栄調教師も、『有馬記念出走に向けて調整を続けていけば、十分な態勢で(レースに)出走させられるだろう』と(獣医師ら他の関係者が)有馬記念出走へのゴーサインを出す前から、前向きな姿勢を見せていました。実際にゴーサインが出てからは、かなり順調にきています」

 有馬記念における1番人気は、過去10年で5勝、2着3回、3着1回、着外1回と、GIの中でも群を抜いた安定感を誇る。それでも、馬券圏内(3着以内)には人気薄の馬が頻繁に突っ込んできており、例年1番人気が絡んでもそこそこオイシイ配当が生まれている。

 では、どういった馬が”穴馬”となり得るのか。松田記者は「激走のポイントは”引退レース”」と言う。

「今年、有馬記念が引退レースとなるのは、アエロリット(牝5歳)、アルアイン(牡5歳)、クロコスミア(牝6歳)、シュヴァルグラン(牡7歳)、リスグラシュー(牝5歳)、レイデオロ(牡5歳)の6頭。波乱を演出するだけでなく、アーモンドアイを負かすほどの激走を見せる馬がいるとしたら、この中にいるような気がしています」

 有馬記念でフィナーレを飾ってきた馬と言えば、ディープインパクトやオルフェーヴル、キタサンブラックなど、人気馬による例が多いが、かつてはオグリキャップ、最近でもジェンティルドンナなど、人気を落としながら最後に復活劇を披露。好配当を生んで、花道を飾ってきた馬も少なくない。

 無論、松田記者が狙うのは、好配当を生む復活劇である。

「狙いは、シュヴァルグランです。7歳以上の馬の成績は、過去10年で0勝、2着0回、3着1回、着外19回。馬券に絡んだのは、2009年に3着となったエアシェイディ(牡8歳)だけですが、この馬はまだやれると思っています。

 管理する友道康夫厩舎の安田晋司助手も、『(年齢的な)衰えもなく、上積みはあると思いますよ。動きも弾んできました。最後なので、いい走りを見せてほしい』とコメント。そう明るく話せるのも、過去3戦の敗因がはっきりしているからでしょう」

 過去3戦というのは、海外GIのキングジョージ6世&クイーンエリザベスS(6着。7月27日/イギリス・芝2390m)、同じく海外GIのインターナショナルS(8着。8月21日/イギリス・芝2050m)、そして前走のGIジャパンC(9着。11月24日/東京・芝2400m)である。

「3走前と前走は、苦手な道悪馬場でした。2走前は、距離不足によるもので、力負けというよりは、能力を出し切れずに負けた、と考えていいでしょう。

 昨年限りでの引退を撤回して臨んだ、今年初戦の海外GIドバイシーマクラシック(3月30日/UAE・芝2410m)では、2着と奮闘。スワーヴリチャード(牡5歳)、レイデオロ(牡5歳)らを蹴散らして、日本馬では最先着を果たしました。2017年ジャパンC優勝馬の地力は、ここでも通用するはず。今回は伏兵の域を出ませんが、侮ってはいけません」

 そう語る松田記者は、シュヴァルグランの有馬記念における実績も強調する。

「有馬記念には過去3回挑戦して、2016年が6着、2017年が3着、そして2018年も3着でした。最も内目の枠を引いたのが、2017年の10番枠。その他、不利な外枠でも常に好走を重ねてきました。典型的な叩き良化型で、前走後も順調。良馬場前提ではありますが、ハマれば一発あっても驚けませんよ」


昨年の有馬記念でも外枠発走ながら、3着と好走したシュヴァルグラン

 シュヴァルグランについては、デイリースポーツの大西修平記者も気になっているという。

「前走のジャパンCは、海外帰りの休み明けに加え、道悪も災いした印象があります。そのレース後のダメージもなく、ここまでの調整は順調そのもの。攻め駆けしないタイプで、中間の動きは目立ったものではありませんが、7歳という年齢による衰えはまったく感じません。

 有馬記念では過去6着、3着、3着でしたが、3年前と昨年は不利な外枠が、一昨年は直線の不利が響いたように思います。コース、距離はまったく問題ありません。そして今回は、逃げ、先行馬がそろって、タフな流れになりそうなのも歓迎材料です。

 鞍上の福永祐一騎手も同馬に乗り慣れており、1週前追い切りにも騎乗し、上々の感触をつかんでいます。好枠を引いて、道中ロスなく運べれば、チャンスは十分にあると見ています」

 大西記者にはもう1頭、シュヴァルグラン以上に注目している馬がいる。

「ヴェロックス(牡3歳)です。前走のGI菊花賞(10月20日/京都・芝3000m)は3着。能力の高さを示して、きっちり上位争いを演じましたが、やはり『距離が長かったと思う』と陣営が振り返ったように、条件が合わなかったことで、勝つまでには至りませんでした。そういう意味では、今回の距離短縮は間違いなくプラスに働くはずです」

 3歳牡馬クラシックの3走すべてに出走してきたヴェロックス。菊花賞の他、GI皐月賞(4月14日/中山・芝2000m)が2着、GI日本ダービー(5月26日/東京・芝2400m)でも3着と好走してきた。

「なかでも、今回と同じ中山が舞台の皐月賞では、勝ったサートゥルナーリア(牡3歳)とはアタマ差の2着。自在性があり、レースセンスも高い分、コース適性は相当なものと考えていいでしょう。初の古馬との対戦となりますが、中間の活気十分な動きと3歳馬の成長力、さらに内枠といった条件がかみ合えば、好勝負になると見ています」

 さて、松田記者ももう1頭、穴馬候補を挙げる。

「こちらも、ここが引退レースとなるクロコスミアです。同馬を担当する西浦勝一厩舎の北添裕哉助手が、『いつもどおり元気いっぱい。まだまだやれると思います』と胸を張っています。その口ぶりからは、これまで積み上げてきた実績を踏まえての、大駆けの希望を見出していることがうかがえました。

 GIタイトルはないものの、GIエリザベス女王杯(京都・芝2200m)では、2017年〜2019年まで3年連続2着。JRAの同一芝GIで、3年連続2着と好走したのは、史上初めてのことです。今回は、同じくラストランとなるアエロリットの出方がカギを握りますが、キャリアとともに、ハナでも、2番手でも競馬を進められる器用さが出てきた点は頼もしい限り。先行して、自分の形に持ち込むことができれば、粘り目もあるのではないでしょうか。

 4年前のデビュー戦では、398圓靴なかった小型馬ですが、この5年間は半年以上休むことなく、毎年コンスタントにレースに出走。その間に、馬体重も50kg増やしました。着実に力をつけてきた牝馬の、最後の激走に期待したいです」

 アーモンドアイvsリスグラシューの牝馬対決に注目が集まるが、古豪牝馬の一発があっても不思議ではない。 何はともあれ、2019年競馬界の総決算となる豪華な一戦。「ドリームレース」とも言われるとおり、誰もが大きな夢を見るレースでもある。その夢を叶えてくれる馬が、ここに挙げた3頭の中にいるかもしれない。