大会得点王に輝いたFW小川航基

写真拡大

[12.18 E-1選手権 日本0-1韓国 釜山]

 EAFF E-1サッカー選手権2019は18日、最終日を行い、日本代表は韓国代表と対戦し、0-1で敗れた。引き分け以上で3大会ぶり2度目の優勝が決まる一戦だったが、前半28分に失点。今大会初黒星で2勝1敗の勝ち点6のまま、3連勝で勝ち点9に伸ばした韓国に大会3連覇を許した。

 試合後のセレモニーでは大会最優秀選手(MVP)、得点王などの表彰も行われ、MVPには日本戦で決勝点を決めた韓国のMFファン・インボム(バンクーバー・ホワイトキャップス)が選ばれた。

 ベストGKは韓国のGKキム・スンギュ(蔚山現代)、ベストDFは韓国のDFキム・ミンジェ(北京国安)。得点王には第2戦の香港戦(○5-0)でハットトリックを達成したFW小川航基(水戸)が3得点で選ばれた。

(取材・文 西山紘平)