前半で絶好機を外した鈴木武蔵。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 12月18日、E-1(東アジア)選手権の日本の最終戦、対韓国戦が韓国の釜山アジアドメインスタジアムでキックオフされた。

 日本代表は、第2戦の香港戦からスタメン10人を入れ替え、香港戦から続いて先発したのは田中碧のみで、それ以外は初戦の中国戦で起用されたメンバーが顔を揃えている。

 前日には「なでしこジャパン」が優勝を決めた。日本の3大会ぶり2度目の東アジア制覇、大会初の男女アベック優勝が果たされるか注目が集まっている。

 日韓戦とあって国内で見守るファンの熱気もかなり高まっている様子だ。

「韓国側のメンバーJリーガー多いな。面白い(笑) 」
「引き分けなんかいらない。勝て」
「日本vs韓国、東アジア選手権優勝をかけてキックオフ!」
「試合の入りがめっちゃ悪いやん。落ち着いていこ」
「やっぱ日韓戦って違うね」
「GK中村君、忙しくなりそう」
「韓国は縦に速いな。 プレッシャーも2戦と比べて段違い!」
「3バックの後ろのスペースとか狙われるところ決まってる感じ」
「武蔵やばいだろ、外すな」
「冷静な方が勝つんすよ。興奮したらダメよ」
「韓国、ガチガチでくるやん」
「今日の韓国の攻めは速くて迫力があるな」
「勝てる気がしない…と打ってる間に決められた」
「シュートすごかった。日本もミドル打たないと!」
「日本に得点の気配が全くしない。パス繋がらんし。プレスされたら全然通らんよね」
「ゴール前のアイディアに乏しいなー。韓国のDFブロックにことごとく跳ね返されてる」
「バックラインビビってないで、みんなで押し上げんと!」
「代表って海外組いなきゃこの程度なの? Jリーグってこのレベル? 前半なんとかこらえて後半で立て直してくれよ」

 前半を0-1とリードされて折り返した森保ジャパン。果たして後半で逆転し、E-1優勝を手にすることができるだろうか。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部