第1戦中国戦(○2-1)のスターティングメンバー。ここからMF橋本拳人に代わってMF田中碧が入る

写真拡大

 日本代表は18日、韓国・釜山アジアド主競技場で行われるEAFF E-1選手権第3戦で韓国代表と対戦する。引き分け以上で3大会ぶりの優勝が決まる大一番。午後7時30分のキックオフを前にスターティングメンバーが発表され、第2戦の香港戦(○5-0)から10人を入れ替えた。

 布陣は五輪代表でも採用している3-4-2-1。GK中村航輔(柏)がゴールを守り、最終ラインはDF佐々木翔(広島)、DF畠中槙之輔(横浜FM)、DF三浦弦太(G大阪)。ボランチはMF井手口陽介(G大阪)とMF田中碧(川崎F)が組み、ウイングバックは左にMF遠藤渓太(横浜FM)、右にDF橋岡大樹(浦和)。2シャドーはFW鈴木武蔵(札幌)、MF森島司(広島)が務め、1トップにはFW上田綺世(鹿島)が入る。

 第1戦の中国戦(○2-1)から第2戦の香港戦にかけて、先発メンバーを総入れ替えし、フレッシュな選手を起用する方向性を示していた森保一監督。第3戦でもその方針は変わらなかった。第2戦から続けて先発するのは負傷離脱したMF橋本拳人(FC東京)の代役となる田中碧のみ。それ以外の10選手は第1戦の先発と全く同じとなった。

 対戦相手の韓国はFIFAランキング41位。日本と同じく欧州組は招集できず、アジア圏内でプレーする選手を中心に大会に臨んでいる。過去の対戦成績は日本の13勝21分36敗。直近の対戦は2017年12月のE-1選手権で、ホームの日本が1-4で大敗を喫した。今回は韓国のホームでリベンジを果たせるか。

<出場メンバー>

[日本代表]

先発

GK 1 中村航輔

DF 4 畠中槙之輔

DF 5 三浦弦太

DF 19 佐々木翔(Cap)

DF 22 橋岡大樹

MF 7 遠藤渓太

MF 8 井手口陽介

MF 14 森島司

MF 17 田中碧

FW 9 鈴木武蔵

FW 13 上田綺世

控え

GK 12 小島亨介

GK 23 大迫敬介

DF 2 菅大輝

DF 15 渡辺剛

DF 21 古賀太陽

MF 3 田中駿汰

MF 6 大島僚太

MF 10 仲川輝人

MF 16 相馬勇紀

FW 11 田川亨介

FW 20 小川航基

監督

森保一

(取材・文 竹内達也)