プラススタイルはスマート家電ブランド「+Style」から、電気使用量をアプリから確認でき、スマート家電と連携可能なスマートプラグ「スマートWi-Fiプラグ」を発表。12月17日から予約受付を開始し、2020年1月23日に発売します。

アナログスイッチの家電のプラグを差すことで、スマートフォンから操作したり電力消費を確認できるようにするスマートプラグ。+Styleのスマート家電の管理に使う「+Style」アプリから管理でき、+Styleのスマート家電と連携して使用できます。Google アシスタントやAlexa対応のスマートスピーカーと連携すれば、「リビングの関節照明をつけて」「サーキュレーターをONにして」と話しかけてスマートWi-Fiプラグを操作可能。

内蔵する電力センサーにより「電力(W)」「電圧(V)」「電流(mA)」をアプリからリアルタイムに確認できるほか、スケジュールやタイマーの設定が可能。

電力の値をトリガーにしてスマート家電を操作する「スマートモード」の「自動設定」機能が利用可能。たとえば、テレビをスマートWi-Fiプラグに接続し、テレビの電力が20W以上になったら+Styleの「スマートLEDシーリングライト」の明るさを65%に下げてシアターのような環境で視聴可能にする、といった連携が実現します。指定した電力を超えたらアプリに通知が来るようにして、家の外から家電をOFFにするなど省エネ目的の利用にも対応。

スマートWi-Fiプラグ単体は1980円(税込み)で、2個セットは3280円(税込み)。+Style本店とPayPayモール店、Amazon店で販売します。

エアコンとサーキュレーターを組み合わせる利用を想定した、スマートWi-Fiプラグとスマートマルチリモコンのセット「暖房効率UPセット」を1500円引きの6960円(税込み)、部屋中の照明をまとめてスマート化するためのスマートWi-Fiプラグ+スマートLED電球(調光・調色)/E26+スマートLEDシーリングライトのセット「部屋中一気にスマート照明化セット」を5000円引きの9140円(税込み)で販売します。それぞれ利用のイメージはプラススタイルにブログ記事があるのでご参考に。

エアコンと一緒にサーキュレーター(扇風機)を使うと、省エネになるんです
https://plusstyle.jp/blog/item?id=242

アンティークのランプもアプリで操作できちゃう!? 部屋中スマート照明化大作戦♪
https://plusstyle.jp/blog/item?id=243

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』