八村塁、ウインターカップ2019の大会アンバサダー就任「一番楽しみにしていた大会」

写真拡大 (全2枚)

12月23日(月)〜29日(日)、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)、およびエスフォルタアリーナ八王子(東京都八王子市 ※12月23日・24日のみ)で開催される 「SoftBank ウインターカップ2019 令和元年度 第72回全国高等学校バスケットボール選手権大会」(以下、ウインターカップ2019)。

同大会において、八村塁選手の大会アンバサダー就任が決定した。

八村選手は、ウインターカップ2019の大会アンバサダーとして、ビデオメッセージなどを通じて出場選手を激励。そのコメントが場内で放映されるほか、ウインターカップ2019の公式WEBサイト内では出場選手への応援コメントも掲載されている。

また、ウインターカップ出場経験もある八村選手から、大会アンバサダー就任にあたってコメントが届いた。

「ウインターカップ2019大会アンバサダーに就任した、八村塁です。SoftBank ウインターカップ2019へ出場される選手の皆さま、ウインターカップ出場おめでとうございます。

当時の私にとって、ウインターカップはとても大きな舞台であり、一番楽しみにしていた大会でした。また、高校生活最後の大会でもあるので、取り組んできたことすべてを出し切る、ということを意識して大会に臨んでいました。

バスケットボールはチームスポーツなので、選手はもちろん、コーチやチームスタッフを含めてチーム一丸とならないと勝てないスポーツです。特にウインターカップでは、そのチーム力が勝敗を大きく左右すると思います。

チーム力を上げるということと、1年間どれだけ練習に取り組んできたかを忘れずに、試合に臨むことが大切だと思います。悔いが残らないよう、全力を出し切ってください。応援しています」