12月22日、中山競馬場でG詰馬記念(芝2500m)が行なわれる。

 有馬記念は年末の風物詩として認知され、競馬ファン以外の方も、「日本ダービー」とともに名前を知っているレースだろう。12月28日にもG気離曄璽廛侫襭咫蔽羯魁深2000m)はあるが、このレースを毎年の競馬の締めくくりとして、「的中していい新年を迎えたい」という人も多いだろう。

 今回は血統的見地から、このレースを分析してみよう。この中山芝2500mというコースにはかなり特徴的な傾向がある。ステイゴールド産駒が圧倒的に強いのだ。

 1986年以降の中山芝2500mの種牡馬別成績を見ると、ステイゴールドは166戦25勝で1位。2位の大種牡馬サンデーサイレンス(185戦19勝)、6位のディープインパクト(73戦6勝)を上回る数字を残している。勝率も15.1%と、サンデーサイレンス(10.3%)を大きく引き離している。

 有馬記念でも、2009年ドリームジャーニー、2011年オルフェーヴル、2012年ゴールドシップ、2013年オルフェーヴルの4勝。そのほか、2012年にはオーシャンブルーが2着、2013年と2014年にはゴールドシップが3着に入っている。

 今年はウインブライト、エタリオウ、クレッシェンドラヴ、クロコスミア、スティッフェリオの5頭がエントリー。ウインブライトは回避予定、クレッシェンドラヴは除外対象なので、現在のところそれ以外の3頭が出走可能となっている。

 その中で筆者が狙いたいのが、6歳牝馬のクロコスミア(牝6歳/栗東・西浦勝一厩舎)だ。


前走のエリザベス女王杯で2着に入ったクロコスミア

 この馬はG汽┘螢競戰構王杯(京都/芝2200m)で3年連続2着。重賞は2017年G局榁飜毒錬咫陛豕/芝1800m)の1勝だ。中山では2戦して、2016年OPターコイズS(芝1600m)で14着、今年のG恵羯殻毒錬咫兵1800m)で6着という成績が残っている。

 今回の強力メンバーに入ってのこの成績は”格下感”が否めないが、それでもこの馬を推したい理由は血統と脚質だ。前述のように、父ステイゴールド産駒はこのコースとの相性がよく、さらに母系にも、このレースと相性がいい血が多く見られる。

 まずは祖母の父ナシュワンの、そのまた父であるブラッシンググルーム。同馬は1995年の勝ち馬マヤノトップガン、2000年の勝ち馬テイエムオペラオーの母の父で、一昨年と昨年に3着に入ったシュヴァルグランの3代母の父でもある。次に、母の父ボストンハーバーの父系祖父シアトルスルー。これは2002年、2003年に連覇したシンボリクリスエスの母の父、ゴールドメリディアンの父だ。

 そして脚質に関しては、クロコスミアは逃げて粘る形がベストの馬だが、有馬記念は逃げ馬の台頭も多い。代表的なのは1992年に15番人気で逃げ切ったメジロパーマーで、前述のマヤノトップガンも6番人気での逃げ切り。さらに2002年のタップダンスシチーも、13番人気で2着に入り波乱を演出している。

 牝馬の勝利は1986年以降に2頭。そのうちの1頭で、2008年の勝ち馬ダイワスカーレットも逃げの競馬で勝利した。同馬はその前年のエリザベス女王杯勝ち馬だが、2017年に8番人気で2着だったクイーンズリング、2001年に6番人気で3着だったトゥザヴィクトリーもエリザベス女王杯勝ち馬だった。有馬記念とエリザベス女王杯は関連度が高いのだ。

 クイーンズリングはクロコスミア同様、芝2200mまでの距離でしか連対経験がなかった。2400m〜2500mの距離実績がなくても問題はないということ。このコースはコーナーを6回も回るため、前に行ける器用なタイプが好走する傾向もある。年齢的には、6歳以上の牝馬はこのレースで5頭が走り、3着以上なしという厳しいデータもあるが、そこは目をつぶってクロコスミアに期待したい。

 3頭のステイゴールド産駒のうち2番目に推したいのがスティッフェリオ(牡5歳/栗東・音無秀孝厩舎)だ。母の父ムトトは、英G汽ングジョージ6世&クイーンエリザベスS(芝12F)を勝ったステイヤー。その父バステッドは、過去の勝ち馬でもあるディープインパクト、ヴィクトワールピサ、先ほど挙げたクロコスミアも持っている血だ。今年、中山でG競ールカマー(芝2200m)を勝っているコース適性も後押しする。 以上、今年の有馬記念はクロコスミア、スティッフェリオのステイゴールド産駒2頭に期待したい。