自ら得たPKを決めた籾木。苦しい試合で決勝点を奪った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 10番を背負うレフティが優勝を決める一発を放った。

 E-1選手権は12月17日、なでしこジャパンが韓国女子代表を1-0で破り、3戦全勝で4大会ぶり3度目の優勝を飾った。決勝点を挙げたのは、エースナンバーを背負う籾木結花。終盤の87分に自ら得たPKを落ち着いてゴール右隅に蹴り込んだ。

 籾木は試合後のフラッシュインタビューで「自分たちのやりたいことがなかなか出せないなかで、あのチャンスがあった。それまで自分はチームに貢献できていなかったので、得点で貢献できたのは嬉しい」と優勝の喜びを語った。

 また、韓国戦を前に岩渕真奈、長谷川唯、土光真代の3選手が負傷離脱。チームが置かれた苦境を乗り越えて掴んだタイトルに、「この短期決戦の中で3人の離脱者が出たなかで残された選手で勝たなければいけないという自覚も一人ひとり強くなっていったと思いますし、オリンピックに向けてこのアジアでは絶対に負けられないとチーム全員で感じていたので、その気持ちの強さがこの勝利に繋がったのではないかと思います」と、メンタル面の強さが勝利の要因となったことを強調した。

 日韓戦という独特の雰囲気の中で苦しい試合をモノにした。
「厳しいなかで勝ち切ったというのは、自信につながりましたし、この自信を持ってしっかり来年オリンピックに向けてさらに上積みできるように、個人個人がレベルアップできるようにまた頑張りたいなと思います」

 なでしこジャパンのエースナンバーを背負うレフティが、難局を乗り越える力強さを見せつけた。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部