【警告】日本=田中(44分) 韓国=ジャン・チャン(21分)、シム・ソヨン(42分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】籾木結花(日本)

写真拡大 (全3枚)

[E-1選手権2019/女子]日本1−0韓国/12月17日/釜山九徳スタジアム

【日本代表・総評】

エースの岩渕と司令塔の長谷川が不在で、やはり攻撃のアイデア不足が顕著だったものの、相手の攻撃を見事にいなし続け、終盤のPKで勝利を引き寄せる。勝負強さを見せつけ、2010年ぶりの優勝を果たした。

【個人採点・寸評】
GK
18 山下杏也加 6.5
1試合通じて集中を切らすことなく、53分のミドルシュートも落ち着いて処理。時折見せる正確なロングパントが好印象だった。

DF
4 三宅史織 6
自由にポジションをとるヨ・ミンジのマークに苦戦も、無失点で耐え凌いだ。身体を投げ出した58分のシュートブロックはお見事。

5 南 萌華 6
パスミスが目立ち、あっさりとかわされる場面も少なからず見られたのは残念。それでもキャプテンの熊谷がいないなか最終ラインを統率しようと奮闘した。

16 宮川麻都 6.5
常に最終ラインの高さを気にかけ、適切なポジショニングをし続けた。致命的なミスもなく、実に安定していた。

19 遠藤 純 7
本職はアタッカーではあるものの、代表で何度かプレーしているSBが板についてきた印象。機を見た攻め上がりが効いていた。鋭いCKでゴールを襲うシーンも。
 
MF
6 杉田妃和 6.5
常に中盤を動き続けて絶妙なポジションを取り、巧みにパスを捌く。ボールロストはほとんどなく、チームに安定感をもたらしていた。

7 中島依美 6
懐の深いドリブルはお見事。自在に攻撃にタメを作っていた。42分のシューチャンスはせめて枠に飛ばしたかったが、十分に及第点以上の出来。

MAN OF THE MATCH
10 籾木結花 7(88分OUT)
相手DFに体格で劣るため、潰されることも少なくなかったが、何度か華麗なフェイントでエリア内に侵入。86分に相手のハンドで得たPKを冷静に決め、勝ち越し弾!

17 三浦成美 6.5
右へ左へ動いてマークを外し、ビルドアップに積極的にかかわると、的確な縦パスで攻撃の起点となった。杉田との2ボランチは安心感があった。
 
FW
12 池尻茉由 6(HT OUT)
スタートはFWだったが、すぐにサイドハーフへとポジションを移す。迫力を欠いたものの、何度かキレのある突破を見せた。

15 田中美南 6(69分OUT)
パスが入って来ず、シュートチャンスをなかなか得られなかった。ただ最前線でボールを引き出そうとDFと駆け引きに努めた姿勢を評価。

交代出場
FW
11 小林里歌子 6(HT IN)
池尻と代わり、後半初めから右サイドハーフを担う。相手の守備網に引っ掛かりがちだったが、果敢に仕掛けて攻撃を活性化させた。

FW
9 上野真実 6(69分IN)
味方とのコンビネーションで息が合わずに、相手にボールを渡してしまいがちだった。ターゲット役としては合格点。

DF
13 清家貴子 6(88分IN)
サイドハーフに入ると、チームのバランスを見ながら無理のないようにプレー。無事に試合をクローズさせた。

監督
高倉麻子 6.5
アタッカー陣を入れ替えながら、岩渕と長谷川の穴を埋めようと試みるも、最後まで攻撃のクオリティを改善させる有効打はなかった。それでも安定した試合運びで優勝に導いた手腕は称賛できる。

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

【なでしこPHOTO】韓国 0-1 日本|全勝&無失点で4大会ぶりの優勝!あの"レジェンド"も駆けつけパワーを送る!