ドリブルで韓国ゴール前で仕掛ける池尻。前半、チャンスに絡むシーンもあった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 E-1選手権は12月17日、なでしこジャパンと韓国女子代表の一戦が19時30分キックオフで行なわれている。ここまで初戦の台湾を9-0で破り、続く中国戦も3-0で完勝。なでしこジャパンは、2位の韓国に勝点2差をつけているため、直接対決で引き分け以上なら4大会ぶり3度目の優勝が確定する。

 日本は中国戦でハットトリックを達成したエースの岩渕真奈がこの試合を前に負傷離脱。代わって、4年連続なでしこリーグ得点王の田中美南が先発起用された。また、やはり負傷により離脱した長谷川唯が務めていた左サイドハーフには、籾木結花が起用された。

 日本は立ち上がりから攻撃のリズムを掴み、開始4分に池尻茉由が最初のシュートを放つ。その後も田中やボランチの三浦成美が積極的にゴールに迫るものの、得点には至らない。

 すると韓国も徐々にカウンターで押し返し、ゲームは膠着した展開に。日本はGK山下杏也加を中心とした堅守で、自陣ゴール前では隙を見せない。前半は0-0で終了している。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部