IIJグローバルソリューションズ(IIJグローバル)は12月16日、海外進出企業がグローバルITガバナンスを推進するための「グローバル共通プラットフォーム」で提供するサービス群の1つとして、国内と海外拠点に同等のセキュリティ対策を導入し、運用を一元化できる「Global Cloud Firewall(Prisma Access)」を提供開始すると発表した。

サービス提供イメージ

同サービスは、パロアルトネットワークスのクラウドセキュリティ製品群「Prisma Access」を提供するもの。インターネットを利用するすべてのアプリケーションを不正アクセスなどの脅威から保護するほか、拠点間接続やリモートアクセスといったネットワーク機能も提供し、企業ネットワークの包括的なセキュリティ対策を実現する。

同サービスは世界各地に100拠点以上のアクセスポイントが用意されており、利用者は最寄りのアクセスポイントに接続してサービスを利用することができる。

国内と海外拠点の次世代ファイアウォール機能を統合的に運用する場合、インターネットゲートウェイを残す本社には次世代ファイアウォール機器を設置し、海外拠点にはクラウドサービスを選択することも可能だという。

主なサービス品目は、拠点接続を提供する「Prisma Access Remote Networks」、モバイル接続を提供する「Prisma Access Mobile Users」、統合管理プラットフォームを提供する「Panorama(VM-Series ライセンス)」、クラウドベースのログサービスを提供する「Cortex Data Lake」となる。利用料金は個別見積もりで、契約期間は1年または3年。