中国戦では積極的なドリブルでチャンスメイク。韓国戦では攻守に渡る働きが求められる。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 E-1選手権に参加している日本代表は、12月18日に開催国の韓国代表との対戦に臨む。この試合は、ただの“日韓戦”ではない。両チームとも2連勝で迎えるこの最終戦は、事実上の決勝戦となる。

 そんな大一番で注目したいのが、ウイングバックの遠藤渓太だ。今年、横浜でリーグ優勝に貢献し、ノリに乗っているこの22歳のアタッカーの働きは、ひとつのポイントになる。

 まずなにより見せてほしいのは、持ち前の突破力。遠藤の「ウイングバックがしっかりと仕掛けていかないと、流れも停滞する」という言葉通り、3−4−2−1システムではウイングバックがどれだけサイドを突破できるかが肝となる。第1戦の中国戦で見せたような切れ味鋭いドリブルが韓国相手にも通用するか。

 マッチアップが予想されるキム・テファンは今季Kリーグベストイレブンにも選ばれている実力者だ。簡単な相手ではないことは確かだが、この韓国屈指のSBを遠藤が攻略できれば、自ずと日本はゴールに近づけるはずだ。
 
 もっとも攻撃は遠藤の得意分野であり、ある程度計算できる部分でもある。むしろ、問われるのは守備面で、注目したい理由は、まさにそこにある。

 今大会の韓国はスピーディなサイドアタックが特長のひとつ。第1戦の香港戦、第2戦の中国戦を見ても、得点こそなかったが、サイドを切り崩して度々シュートチャンスを作っていた。

 つまり、遠藤が相手のサイド攻撃についていけないようだと、日本は主導権を握られ、苦しむことになりかねない。遠藤自身「守備の部分は足りないと多くの人に言われてきているし、自分でも分かっているつもり」というが、韓国戦ではそうした不安を払拭するパフォーマンスが求められるのである。

 攻撃的な遠藤にとって、ウイングバックは不慣れなポジションだ。「ウイングバックをやる機会は代表に呼ばれないとない。そこでしっかりと守備の部分も向上させないといけない」というくらいで、3トップの片翼を担う横浜とは、ギャップがある。
 
「感覚的には大きくは変わらない」とはいっても、「守備でどこまで戻って、どこに絞って、とかは変わってくる。マリノスだとずっと高い位置にいさせられますけど、そこをうまく低い位置に戻ったり、ボールの逃げ道を作ったり、代表でやるウイングバックはそういうこともやる」必要がある。

 この大一番で苦手を克服できるのか。遠藤は以前、自分のキャリアについて、こんなことを言っていた。「僕は運がいいんですよね。“持っている”というか。そういうのは自分でも思います」。

 しかし、それは単に運がいいというだけでないはずだ。おそらく、節目となるような試合を理解していて、しっかりとそこに照準を合わせられる選手なのだ。
 
「やっぱり試されるのは、この韓国戦になる。2勝していますけど、韓国に勝ってこその大会だと思っているので、そこはチームとしても強い気持ちを持って臨めればいい。そして、そういうところで活躍する選手が上にいくのかなと思います」

 さらなる高みへ。遠藤にとって、この韓国戦はひとつのターニングポイントになるかもしれない。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

【代表PHOTO】最高の雰囲気の中、日韓戦へ向けてトレーニング!選手たちの"真剣な表情"にズームアップ!