香港戦の出来に不満を漏らした田中。一方で大島の凄さを語った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 韓国で開催中のE-1選手権に参加している日本代表は12月16日、釜山市内でトレーニングを行なった。

 この日は主に2グループに分かれて実施された。2戦目の香港戦で先発したメンバーはコンディション調整に時間を割いたが、途中交代した田中碧は、1戦目の中国戦の先発メンバーに混じり、クロスやパスの確認などを行なった。

 練習後、田中は「いい感じです。1試合フルで出られなかったですけど、まあしっかり準備する時間もあるので、身体は問題ないかなと思います」とコンディションを語る。

 ただし、途中交代した2戦目は決して納得のできる出来ではなかったようだ。「何もしていない」と悔しそうに振り返る。

 だからこそ、隣でハイパフォーマンスを見せていた大島僚太を意識せざるを得なかったようだ。
 
「隣に僚太君がいて、決定的なチャンスを作っていた。毎試合フロンターレでも隣でやらせてもらっていますけど、力の差は毎回感じさせられる。毎試合刺激になっています」

 香港戦での大島は、まさに”司令塔”と呼ぶに相応しい活躍だった。中盤の後方から巧みにパスを左右に散らし、隙あらば芸術的なスルーパスで相手を欺き、日本の攻撃を組み立てていた。そんな大島の凄さを、川崎でもコンビを組む田中は改めて実感させられたという。

 それでも第3戦に気持ちを切り替えるしかない。田中は「明日も練習はある。香港戦は良くはなかったし、自分ができるものはもっとたくさんあった。勝ったことはいいとして、切り替えたい。次が一番大事だし、次の試合でどれだけできるかが一番自分の力を測る物差しになると思う。次できなければ、力が足りないということだし、そういう意味ではしっかり準備してやりたいと思います」と、韓国との最終決戦に意気込んでいる。

 タイトルが懸かる最終決戦。ただ田中にとって“日韓戦”という以上に、香港戦のリベンジを懸けた重要な一戦となりそうだ。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)