香港戦でA代表デビューを飾った仲川だが、結果を出すことはできず。韓国戦では得点に絡む仕事を見せたい。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[E-1選手権]日本5-0香港/12月14日(土)/韓国・釜山

 5ゴールを奪っての大勝にも反省の言葉が口を突いた。

 今季JリーグのMVPと得点王を獲得し、代表初選出で10番を与えられた仲川輝人が香港戦でA代表デビューを果たした。しかし、持ち前の突破力やゴール前での決定力は鳴りを潜めた。

 試合後、デビューの感想を問われても「(チームとしての)いい結果は出たと思うし、自分がもっと結果を出すようにしないといけないかなと」と歯切れは良くない。

 もっとも、躍動した横浜で採用する4-3-3と森保ジャパンの3-4-2-1では、景色の見え方もまるで違ったはずだ。横浜ではアウトサイドから内へ切れ込んでいくイメージが強い仲川だが、代表ではインサイドがスタートポジションになる。その違いへの適応段階にあることを本人も認めている。
「自分のチームとは全然違うし、ずっとディフェンスとボランチの間でいいポジションを見つけながら、相手に捕まえられないようなポジションを取ろうとはした。初めてやって、もうちょっとやりがいというか、自分の良さを出すには、コミュニケーションだったり、自分がどこで欲しいかとかも、味方に伝えていけばいいと思う」

 さらに、自らの長所のひとつである裏へ抜ける動きに関しても「出し手と受け手のタイミング。自分が走るタイミングが合えば裏に抜ける動きも狙っていたので、そこは話し合っていければいい」と、試行錯誤を重ねている。

 香港戦では本領発揮とはいかなかった仲川だが、果たして18日の日韓戦ではいかなる姿を見せてくれるのか。今季JリーグMVPの修正力が問われるところだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部