小川はハットトリックと大暴れ。韓国戦に向け弾みをつけた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

[E-1選手権2019]日本5−0香港/12月14日/釜山九徳スタジアム

 日本代表は12月14日、E-1選手権の2戦目で香港代表を5−0で下し、1戦目の中国戦に続き連勝を飾った。

 ひと言で言ってしまえば、勝って当たり前だった。香港はFIFAランキング(11月)で139位の格下(日本は28位)。もはや結果うんぬんを語るような試合ではない。

 勝利という結果は最低限のノルマ。この試合で重要なテーマは、第3戦の韓国戦に向けて、どんな収穫を得るかだった。

 その点で、森保一監督にとっては、まずまず有意義な試合になったのではないだろうか。

 なにより大きいのは、今大会で初選出された選手たちが想像以上に戦術に馴染んでいたことだ。
 
 森保監督は1戦目の中国戦からスタメン11人を総入れ替えして、この香港戦に臨んだ。そのうち“初選出組”は8名。3バックの古賀太陽、田中駿汰、渡辺剛、ボランチの田中碧、右ウイングバックの相馬勇紀、シャドーの仲川輝人と田川亨介、1トップの小川航基だ。

 この “初選出組”の多くが、持ち味をそれなりに発揮してアピールしたのは、韓国との最終戦のメンバーを考える森保監督を良い意味で悩ませる種となったはずである。

 なかでも特大のインパクトを残したのがCFの小川だった。

 26分に痛烈なミドルシュートで代表初ゴールを挙げると、前半アディショナルタイムにはクロスの折り返しに反応して追加点をゲット。さらに、これだけでは終わらず、59分に大島僚太のクロスに合わせ3点目を奪い、デビュー戦でいきなりハットトリックという偉業を達成してみせたのだ。

 U-22代表も含め国際試合では今年6月のトゥーロン国際大会を最後にゴールから遠ざかっていた小川個人としても、自信を深める結果となったはずだ。「チームが勝っていても、僕自身は点を取れていない試合が続いていた。ちょっと不甲斐ない自分がいて……そのなかでの得点だったので正直ホッとしました」というのが素直な気持ちで、韓国戦を良いメンタル状態で迎えられるだろう。
 
 そして、もうひとり攻撃面で異彩を放っていたのが、小川に度々シュートチャンスを提供していた右ウイングバックの相馬勇紀。5分の切れ味鋭い突破を皮切りに、対面したDFを一気の加速で剥がし、再三鋭いクロスを上げていたこのドリブラーの活躍は、ポジティブなサプライズだった。

 そのふたり以外でも、強烈なボレーシュートを叩き込み左足のパンチ力を見せつけた菅大輝、セットプレーで空中戦の強さが光った渡辺剛、3バックの中央とボランチを兼任し、ユーティリティ性を発揮した田中駿汰など、それぞれが戦術の中で武器を活かしていた。

 8日から始まった代表活動の限られた時間のなかで、森保ジャパンの戦術を理解し、味方と同調しようと努力した結果が表われていたのは間違いない。試合中にもプレーが切れる度に、ポジショニングやパスのタイミングなどを確認し合っていたのが印象的だった。
 
 ただし大きな課題として残ったのが、JリーグMVPの仲川が予想以上に機能しなかった点だ。横浜でウイングを務める快足アタッカーは、この試合ではシャドーで起用されたのだが、中央のエリアでは窮屈そうにしていて、最後まで最適なポジションを見つけ出せなかった。

 もちろん経験が浅いのは本人も監督も承知のうえだったが、それにしても期待とは程遠い出来だった。仲川自身、試合後「守備だけとか、攻撃だけとか、それでは自分の良さは消えてしまう。どっちもやりつつペナルティエリア内やボックス付近では自分の良さを出していかないといけない。そこはちょっと出せていなかったなと思います」と苦悩を明かしている。

 アピールに失敗したのは、森保監督の「仲川はあのポジションでなかなかボールを受けられずに少しストレスがたまるような展開だったと思う」という言葉からも分かるだろう。

 果たして仲川はシャドーが適任なのだろうか。第3戦の韓国との大一番に向けて、この背番号10の起用法を再考する必要があるかもしれない。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト)