発売されたばかりのMac Proの外観を検証する動画を、iFixitがリリースしました。約20分の動画では、Mac Proの外観に関するファーストインプレッションや、本体のケースを外す様子が示されています。

圧倒的存在感を持つ外観

清潔感あふれるアルミニウムボディにステンレス製のフレームが採用されており、2012年に発売された旧Mac Proよりも一段と引き締まったデザインになっています。重量は18kgで、大袋に入ったお米とほぼ同じ重さになります。

 

持ち運ぶ際は、上部に突き出たステンレス製フレームを両手で持ち上げる必要があり、動画から、女性ひとりではなかなか持ち上げられないほど重いことがわかります。

 

 

外側のアルミニウム製ケースは上部の取っ手を回して、引き上げるようにして取り外します。内部は意外にも空いているスペースが多く、拡張性が高いことがわかります。

 

 

メモリ格納ケース

Mac Pro内部にあるメモリ格納ケースのカバーは、ワンタッチで取り外せるようになっており、メモリの増設が容易にできるようになっています。最大1.5TBのメモリを搭載できるMac Proにとって、このメモリ格納ケースは重要な部分と言えるでしょう。

 

 

外側のアルミニウム製ケースが、チーズおろし器に似ているとの意見もあるMac Proですが、動画の後半では、実際にチェダーチーズをMac Proのケースですりおろすことができるかも検証されています。

 

iFixitは近日中に、パーツ分解による検証など、更に詳細な動画をリリースする予定です。

 
 
Source:YouTube/iFixit via MacRumors
Photo:Apple
(david)