岩渕がハットトリックでなでしこジャパンを勝利に導く。決定力が光った。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 E-1選手権は12月14日、韓国・釜山で日本女子代表ことなでしこジャパンと中国女子代表の一戦が行なわれ、なでしこジャパンが岩渕真奈のハットトリックの活躍で、難敵を相手に3対0で快勝した。

 日本は初戦から岩渕、松原有沙、南萌香を除いた先発8名を入れ替え。長谷川唯、籾木結花、杉田妃和らがスタメンに名を連ねた。

 試合は序盤、日本が先制。9分、長谷川とのワンツーで抜け出した籾木が中央へ折り返すと、これを岩渕が滑り込みながらシュート。GKの足の間を抜けてネットを揺らした。

 その後は中国の攻勢に、後手に回った日本だったが、これを耐え凌ぐと前半終了間際の44分、前線でのボール奪取からショートカウンターを発動。長谷川からのラストパスに抜け出した岩渕が再びネットを揺らす。日本が2点をリードして前半を折り返した。

 2-0で迎えた後半は、日本が主導権を握る。55分には途中出場の小林里歌子が放ったシュートのこぼれ球に、岩渕が詰めて3点目。岩渕のハットトリックで日本が3-0と中国を突き放す。

 3-0とした日本は57分、岩渕に代えてなでしこリーグ4年連続得点王の田中美南を投入。エースはお役御免となったが、日本はその後も安定した試合運びでチャンスを作り続ける。

 結局追加点は入らなかったものの、試合は3-0でタイムアップ。中国を下した日本が2連勝を飾った。日本は17日の韓国との最終戦で勝てば文句なし、引き分けでも優勝が決まる。なでしこジャパンが4大会ぶり3度目のE-1選手権優勝に王手を掛けている。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部